日本ホールマークが、SNS上で「手書きでセルフケアキャンペーン」を実施!

日本ホールマークが、SNS上で「手書きでセルフケアキャンペーン」を実施!


日本ホールマークは、10月7日(金)~17日(月)の期間、SNS上で「手書きでセルフケアキャンペーン」を実施する。

“書くこと”でセルフケア


コロナ禍をきっかけに、自宅に籠ったり一人で過ごしたりする時間が増え、直接的なコミュニケーションの機会が制限されるようになった。なかなか気分転換しづらい状況が続く中、“コロナ疲れ”というキーワードも注目されている。

日本ホールマークは、心と心をつなぐ手伝いをする企業として、グリーティングカードをはじめとするさまざまな商品を展開してきた。手紙やカードで誰かとコミュニケーションをとったり、日記で自分の気持ちを整理したり、思いやりを込めて“書くこと”はセルフケアにもつながる。そこで、同社の製品を楽しめるプレゼントキャンペーン「手書きでセルフケアキャンペーン」を実施することとなった。

本国ホールマークの取り組み



本国ホールマークのあるアメリカでは、グリーティングカードが日常的にやりとりされており、誕生日やクリスマスなどの特別なシーンだけでなく励ましや労いのためにもカードが活用されている。特にコロナ禍では、不安や孤独感を抱えやすい状況の中、心温まる手書きのカードが大きな役目を果たしていて、本国ホールマークでも、グリーティングカード200万枚の無償配布プロモーションや、アーティストによる歩道へのレタリングアートなど多くのプロジェクトが行われた。


また、SNSでは、定期的にレタリングアートを使用した励ましのメッセージを投稿。


ウェブコラム「Ideas&Inspiration」では、考えや感情を書き出して整理する効果的な方法として、“セルフケアジャーナル”のTipsを発信している。

“書くこと”が楽しくなるプレゼントキャンペーン


10月10日は、世界保健機関(WHO)にも認められている国際記念日「世界メンタルヘルスデー」。“不安やストレスを感じていたり、周りに心配な人がいる人にとって、ホールマーク製品が癒しや安らぎのきっかけになるかもしれない”という想いから、今回の「手書きでセルフケアキャンペーン」が実施される。

キャンペーンの応募期間は、10月7日(金)10:00~17日(月)23:59。Twitterををフォロー&リツイート、もしくはInstagramをフォロー&いいねすることで、応募できる。

同キャンペーンでは、ホールマークのグリーティングカードやノートなどが入ったお楽しみ袋総額約5,000円分が、抽選で6名にプレゼントされる。詳細については、キャンペーンURLをチェックしよう。

この機会に、“書くこと”が楽しくなるプレゼントキャンペーン「手書きでセルフケアキャンペーン」に応募してみては。

キャンペーンページURL:http://www.hallmark.jp/selfcare2022
Twitter:https://twitter.com/Hallmark_Japan
Instagram:https://www.instagram.com/hallmark_japan/

(江崎貴子)
カテゴリ