オープンハウスグループ「つば九郎ハウ巣」一般公開&村上選手に「3億円の東京の家」

オープンハウスグループ「つば九郎ハウ巣」一般公開&村上選手に「3億円の東京の家」

オープンハウスグループの東京ヤクルトスワローズに関するニュースをチェック。「つば九郎ハウ巣」と、村上宗隆選手に「3億円の東京の家」を贈呈する話題をチェックしよう!

「つば九郎ハウ巣」ついに完成!



オープンハウスグループは、トップスポンサーを務める東京ヤクルトスワローズの球団マスコット「つば九郎」のホーム2000試合出場を祝してプレゼントした、「つば九郎ハウ巣」の一般公開を、10月11日(火)から開始。

2016年よりスワローズのスポンサー、2018年よりトップスポンサーを務めている同社。今年8月にスワローズ球団マスコット「つば九郎」が前“鳥”未到のホーム2000試合出場を達成したことを受け、その記念として、つば九郎より要望されていた「とりごや(お家)」をプレゼント。今回、建設を進めていた「とりごや」が完成し、名称を「つば九郎ハウ巣」と改めた。


「つば九郎ハウ巣」の外装は、つば九郎の要望であった和を基調とした雰囲気の中、のんびりできる「縁側」や、たくさんの「隠れつば九郎を探せ」、すぐに「ビール」が飲める自販機併設など、要望に沿ったものにした。また、屋根材に芝生を採用し、入口をつば九郎の口の形にするなど、環境への配慮や遊び心が随所に見られる唯一無二のお家となった。


内装は、実際につば九郎が住む部屋と、つば九郎の功績が楽しめるミュージアムの2区画から構成。つば九郎の部屋では、畳の部屋に敷きっぱなしの万年床、ちゃぶ台、競馬新聞、飲み干したビールの空き缶などつば九郎のリアルな生活風景を思う存分堪能できる。

またミュージアム部分ではファン胸熱間違いなしの「つば九郎とのトリックアート撮影」や、燕になりきるフォトブースこと「巣ポット」など、写真にも記憶にも残る思い出になること間違いなしの体験も届ける。

当面は年中無休で、公開時間は11:00~19:00を想定している。なお、入場料は無料だ。つば九郎ファンは是非、遊びに行ってみて。

■つば九郎ハウ巣(つば九郎のお家)
住所:東京都新宿区霞ヶ丘町2番1号

つば九郎のお家プロジェクト「特設ページ」:http://tsubakuro-house.com/

予定していた「1億円」から大幅増額



また、オープンハウスグループは、東京ヤクルトスワローズのトップスポンサーとして、村上宗隆選手がレギュラーシーズン最終戦・最終打席で、日本選手シーズン本塁打記録を更新・18年ぶりの史上最年少三冠王を確定させた偉業を称え、「3億円の東京の家」を贈呈する。

同社は、村上選手の「日本選手シーズン本塁打記録更新」を祈念し、特別ホームラン賞(神宮球場で56本目以降の本塁打が対象ゾーンに入った場合に「1億円の東京の家」を贈呈)を発表していた。

今回、レギュラーシーズン最終戦・最終打席で見事に56本目のホームランを放ち、58年ぶりの日本選手記録更新を成し遂げるとともに、史上最年少三冠王を確定させたその偉業を称え、予定していた上限額を大幅に引き上げ「好立地の東京の家 上限価格:3億円(税込)」を贈呈することとした。

プレッシャーに打ち勝ち、日本中の野球ファンに震えるほどの感動を与えてくれた村上選手にふさわしい「三冠王」にちなんで、「3億円」になったとのこと。同社は引き続きファンとともに、一層の活躍が期待される村上選手とスワローズを応“燕”していくという。

「つば九郎ハウ巣」に「3億円の東京の家」とさまざまなな話題を届けるオープンハウスグループ。スワローズの活躍とともに注目しよう。

オープンハウスグループ公式HP:https://openhouse-group.co.jp/
オープンハウスグループ公式twitter(オープンハウスゆる運用):https://twitter.com/openhouse_group

(ソルトピーチ)
カテゴリ