3年ぶりの会場開催!「K-BOOKフェスティバル 2022 in Japan」に注目

3年ぶりの会場開催!「K-BOOKフェスティバル 2022 in Japan」に注目


「K-BOOK振興会」と「韓国国際交流財団」は11月26日(土)と27(日)の2日間、「K-BOOKフェスティバル 2022 in Japan」を開催する。

3年ぶりにリアルな会場で開催


今年は3年ぶりにリアルな会場を設けて本にまつわるイベントや書籍販売を行う「K-BOOKフェスティバル 2022 in Japan」。

同フェスティバルは、どこにいても楽しめるよう、オンラインでも配信する。年に一度、本を作る⼈、届ける⼈、ファンが集うお祭りで「韓国の本=K-BOOK」の盛り上がりを体感してみて。

注目を集める韓国の本


ここ数年、日本で邦訳出版が相次ぎ、たびたびベストセラーになるなど注目を集める韓国の本「K-BOOK」。

「K-BOOK」では、今を生きる人々が抱える問題や心の内を敏感に捉えた物語やエッセイの人気が定着してきたほか、SF小説や児童文学、人文書などの刊行も続き、幅広いジャンルで読者層を広げている。

そんな「K-BOOK」を「もっと読みたい、もっと知りたい」という声に応え開催するのが「K-BOOKフェスティバル」だ。

同フェスティバルは、2019年にスタートし、コロナ禍の2020年と2021年は多彩なプログラムをオンラインで配信した。

作家や翻訳者が登場するイベントも


「K-BOOKフェスティバル 2022 in Japan」では、作家や翻訳者が登場するイベントを行うほか、各出版社のブースを設けてジャンル豊富な韓国関連書籍を販売する。

作家キム・エランさんが来日



日本でも今年7月刊行作を含め4冊が邦訳されて注目が集まる作家キム・エランさんの来日が決定。

将来を期待される1980年生まれの作家キム・エランさんと直木賞作家の中島京子さんが同フェスティバル会場にて対談を行う。

2015年に中国で開催された「第3回東アジア文学フォーラム」で出会った二人。7年の時を経て、またコロナ禍を経て、二人の作家に起こった心の変化や執筆活動について話してもらう。

他にも同フェスティバルでは、作家チャン・ガンミョン氏オンライントークイベント、翻訳者イベント<「その他の外国文学」の翻訳者の喜びと苦しみ>、出版社イチオシ本&クイズ大会、韓国の伝統楽器「コムンゴ・チャング」演奏等を予定している。

全国のポップアップ書店で「K-BOOKフェア」も開催


また、北海道から九州・沖縄まで全国各地のポップアップ書店でも、参加出版社のおすすめ本を購入できる「K-BOOKフェア」を開催する。

各店がおすすめ本の中から選りすぐり、店舗の特徴に合わせてセレクトした書籍のラインナップを楽しんで。

3年ぶりにリアルな会場を設けて行われる、「K-BOOKフェスティバル 2022 in Japan」へ参加してみては。

■K-BOOK フェスティバル 2022 in Japan
開催日程:11月26日(土)12:00~18:00、27日(日)11:00~18:00※11月25日(金)19:00~前夜祭イベント
会場:ベルサール九段
住所:東京都千代田区九段北1-8-10
オンライン:公式サイト及びYouTubeチャンネル
参加費:無料
公式サイト:https://k-bookfes.com/
公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCVbSnfWUwslUUOckeHTeJrw

※コロナの感染状況によって内容・開催形態を変更する可能性がある。

(角谷良平)
カテゴリ