うつわを通じて美濃焼の歴史を紐解く展示「美しく濃い地層」を六本木で開催

うつわを通じて美濃焼の歴史を紐解く展示「美しく濃い地層」を六本木で開催


岐阜県のセラミックプロデュースカンパニー「井澤コーポレーション」は、1300年前から続く美濃焼を土と人との営みの積み重ねの歴史から紐解き、うつわを作るプロセスを通して「美しく濃い地層」のインスタレーション展示を行う。

同展示は、10月21日(金)~30(日)に開催される「DESIGNART TOKYO 2022」の期間中、東京・六本木の「Common」にて観覧できる。

美しく濃い地層



マグマと湖がもたらした美濃の粘土。1300年前から受け継がれる美濃焼の技術。今日も美濃の地で器が生まれるのは、途方も無い時の積み重ねがあったからこそ。

自然と人々が織りなす地層を敬い、現代ならではの美濃焼を創り出すことで新たな一層を積み重ねていく。インスタレーション展示「美しく濃い地層」はそんな過程の記録だ。


同展示は、ディレクターに秋山かおり氏を迎え、美濃焼のまだ見ぬ可能性や新たな食の楽しみ方を今の時代ならではのかたちで積み重ねる、「井澤コーポレーション」の新しい試みだ。

食と空間とのコラボレーションを演出



日本のおもてなし文化が生んだ蓋付きどんぶり。日常の食卓で使われることは多くはないが、そこには機能だけでなく、豊かな情緒が備わっている。

日本一どんぶりが作られている美濃の地で、改めて蓋付きどんぶりが秘める可能性を探求し、日常使いできるかたちを模索した。


同展示開催期間中は展示会場の「Common」にてプロトタイプの蓋付どんぶりでフードを提供し、食と空間とのコラボレーションを楽しんでもらう予定だという。

秋山かおり氏



秋山かおり氏は、色や素材の持つ力を効果的に活用するデザイン事務所「STUDIO BYCOLOR」を主宰。2002年千葉大学工学部デザイン工学科卒業、オフィス家具メーカー勤務を経て現在に至る。iF Design Award、German Design Award、DFAアジアデザイン賞、DIA Top100、グッドデザイン賞受賞、LEXUS NEW TAKUMI PROJECT2016選出等。千葉大学、法政大学デザイン工学部にて非常勤講師を務める。

また、秋山氏は、10月25日(火)午後6:30~午後8:00に「Apple丸の内」で開催される「Today at Apple デザインラボ:秋山かおりに学ぶ色と素材の魅力」にて、「美しく濃い地層」の紹介とワークショップを行う。

「DESIGNART TOKYO 2022」期間中に行われるインスタレーション展示である「美しく濃い地層」をチェックしてみては。

■美しく濃い地層
開催期間:10月21日(金)~30(日)
会場:Common
住所:東京都港区六本木4-8-5 Kant. 1F
営業時間:8:00~23:00

Common公式Instagram:https://www.instagram.com/common_tokyo/
DESIGNART TOKYO 2022公式サイト:https://designart.jp/designarttokyo2022/

※開催初日の10月21日(金)は15:00~17:00にプレスプレビュー、17:00~20:00よりレセプションを行う(ワンドリンクフリー制)。

(角谷良平)
カテゴリ