ワインの醸造過程で発生する“葡萄の絞り粕”から生まれたビール「グレブル」新発売!

ワインの醸造過程で発生する“葡萄の絞り粕”から生まれたビール「グレブル」新発売!


日本ECサービスが運営する「ECマスターズクラブ」会員であるライナは、ぶどう農園とコラボしたクラフトビール「グレブル」を、11月1日(火)に新発売する。

ワインの“絞り粕”を使ったアップサイクルビール



「グレブル」は、富山県のもっとも古くから続くワイナリー「やまふじぶどう園」と共同で、ワインを醸造する過程で発生する「葡萄の絞り粕」を利用したビール。2018年から始まったこの取り組みは、今年で4年目となる。

今回使用しているのは「マスカットベリー・A」の絞り粕。色はほのかに赤褐色に、ワインのようなビールに仕上がった。また、ベルギー酵母を使うことで、香りは豊潤に。ほのかな渋みはワインを思わせるような味わいだ。

富山県内限定ラベルを含めた2種のラベル



アルコール度は9%と高く、ラベルデザインに描かれている見た目はカワイイ“フレンチブルドック”のように甘く見ていると、強烈なパンチをくらうかも。ラベルは、富山県内での限定ラベル(写真左)と、通常版のラベル(写真右)の2種類ある。

さまざまな機能性成分が含まれる絞り粕



近年SDGsが注目されるなか、ワインを醸造する工程で発生する葡萄の絞り粕は、ワインづくりにおいて最大の廃棄物になっている。

しかし絞り粕には、ワインに多く含まれることで有名なポリフェノールをはじめ、さまざまな機能性成分が含まれているため、フードロス削減の観点からワインの絞り粕でビールを醸造するレシピを考案したという。

LINE友だち登録キャンペーン


「グレブル」の発売を記念して、LINE運用支援ツール「ECマスターズ LSEG」を利用したキャンペーンを10月31日(月)まで開催中。LINE公式アカウント「VectorBrewing(ベクターブルーイング)楽天市場店」に友だち登録した人に、もれなく300円OFFクーポンをプレゼントする。

「グレブル(YAMAFUJI POP GRAPE)」330mlは、3本セット2,880円(税込)、6本セット4,680円(税込)で、VectorBrewing楽天市場店で発売される。現在先行予約も受付中だ。

ワインを感じさせるビール「グレブル」を味わってみて。

VectorBrewing楽天市場店:https://www.rakuten.ne.jp/gold/craftbeer-co/

(よしだゆうこ)
カテゴリ