【鎌倉殿の13人】和田義盛さらば…横田栄司が”ラストシーン”語る「感謝しながら横たわっていました」

【鎌倉殿の13人】和田義盛さらば…横田栄司が”ラストシーン”語る「感謝しながら横たわっていました」

 俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)で和田義盛を演じた横田栄司からコメントが到着した。



【場面カット】壮絶ラスト…体中に矢を受け絶命する和田義盛



 『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年の『真田丸』に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜氏が務め、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。



――和田義盛の最期を演じて

巴さんにも畠山重忠にも「お前は生きろ」だとか「もうちょっと生きていようぜ、楽しいこともあるぞ」なんて言っていた人が、結局ああいう死に方をしてしまうのが、時代なのか、運命なのか。「和田義盛は何を抜かったんだろう」なんてことを考えながら演じていました。最期のシーンの、矢がいっぱい刺さった鎧というのはつくるのも大変な鎧でして、本当にスタッフの皆さんに感謝しながら横たわっていました。



――北条義時と三浦義村に討たれて

和田義盛はどう思っていたかわからないですけども、私としては、義時も義村も理由があって生きている、生き延びていくという時代ですから、生き延びていくための最善の手段を彼らもとっているはずで。そういう意味ではある部分、気の毒な面もありますし、それで失った心だとか、失った仲間や家族だとか、そういうことも彼らは抱えていると、和田義盛も横田栄司も知っているので、こういう時代だからこそこれはこれで「しかたあるめぇ」と。義盛は「まぁ、お前たちもな、よくやってるよ。じゃあ元気で生きていてくれよ。生きてりゃ楽しいこともあるぞ」という、ちょっと「悔しいけどな」とか「ちくしょー」という気分もありながら、彼らのことを見つめていました。



――和田義盛を演じきって

本当に、立派な人物ではないのかもしれないですけども、まっすぐな男で、うそをつかないし、最初のころからあまりキャラクターがブレていない、数少ないひとりなんじゃないでしょうか。三谷幸喜さんのおかげで和田義盛という人物が、僕は日本の中で一番好きな日本人になったと自負しています。本当に愛らしいキャラクターで、それをつくってくださったスタッフさん、共演者の皆さんに本当に感謝しています。そして応援してくださった皆様、和田義盛をかわいがってくださった皆様に心から感謝しています。
カテゴリ