大竹伸朗初の銅版画作品集『銅の時代 1978-2022』の事前予約がスタート

大竹伸朗初の銅版画作品集『銅の時代 1978-2022』の事前予約がスタート

[caption id="attachment_782970" align="aligncenter"] © Kentaro Ishibashi, studio M[/caption]

美術出版社は、アーティスト大竹伸朗氏による未発表作品や2022年制作の新作21点を含む版画集『銅の時代 1978-2022』9,000円(税別)を11月15日(火)に、一般発売する。

また、一般発売に先駆け、「CCCアートラボ」直営店対象店舗での先行販売を11月5日(土)より開始、またAmazon等オンラインでは10月31日(月)10時半より事前予約を受け付けている。

大竹伸朗氏


[caption id="attachment_782971" align="aligncenter"] ©︎Shinro Ohtake, photo by Shoko Otake[/caption]

絵画、素描、彫刻、映像、音楽、執筆、インスタレーション、建造物など、多岐にわたるジャンルでおびただしい数の作品を生み出し続けている大竹伸朗氏は、11月1日(火)より開催の東京国立近代美術館での大回顧展も楽しみな、日本を代表する現代アーティスト。

初のエッチング作品集


[caption id="attachment_782972" align="aligncenter"] © Kentaro Ishibashi, studio M[/caption]

美大学生時代から「線」の魅力に取り憑かれ、意欲的にエッチング作品の制作に取り組んできた大竹氏にとって、同書は初のエッチング作品集となる。

[caption id="attachment_782974" align="aligncenter"] 各時代での大竹氏の「熱」が感じられる[/caption]

音楽、旅など様々なモチーフから生まれた作品が並ぶ同書。収録点数は391点に及び、2022年制作の新作31点を含む、これまで発表されていなかった未公開作品も多く掲載している。

本人の筆による版画との出会いを語ったエッセイ、1万2000字にわたるロングインタビューからは、大竹氏が抱く版画への想いを読み解くことができる。

大竹氏がこだわる「線」のディテールも再現



同書は、カバーにあしらった作品ディテール、線が刻まれた「版」をイメージした表紙デザインを含め、作品集全体で大竹氏がこだわる「線」の表現を味わいつくせる豪華本だ。

『銅の時代 1978-2022』は、大竹伸朗氏にとっての「版画」とは何か、それを体現した一冊となっている。

先行販売について


『銅の時代 1978-2022』は、11月1日(火)~東京国立近代美術館「大竹伸朗展」特設ショップ(竹橋)、11月5日(土)~銀座 蔦屋書店ほか「アートラボ直営店舗」にて先行販売を行う。

また、通常版版画集先行販売の対象「アートラボ直営店舗」は、店頭が銀座 蔦屋書店、京都岡崎 蔦屋書店、NADiff a/p/a/r/t、ART RECTANGLE KYOTO(京都市京セラ美術館内ミュージアムショップ)、オンラインが、アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」。

事前予約受付を開始した大竹氏初のエッチング作品集『銅の時代 1978-2022』を入手してみては。

OIL by 美術手帖:https://oil.bijutsutecho.com/

(角谷良平)
カテゴリ