BOSS初のコンパクトペダル型スライサー『SL-2』誕生 刺激的な個性派エフェクターが進化

BOSS初のコンパクトペダル型スライサー『SL-2』誕生 刺激的な個性派エフェクターが進化

 ギター&ベースの定番エフェクターブランド「BOSS」を展開するローランドが1日、同ブランドの新作エフェクター『SL-2 Slicer』のリリースを発表した。2つのフットペダルを備えた『SL-20 Slicer」を正統進化させ、コンパクトペダルの最新機として発売される。



【写真】BOSSのペダルデザインが活かされたスライサー『SL-2 Slicer』



 スライサーとは、入力音をビートに合わせて断続的に“スライス”し、リズミカルなサウンドを生み出すエフェクターのこと。同機はBOSSブランド初のコンパクトペダル型のスライサーであり、スライサー単体機としては2008年に発売された『SL-20 Slicer』以来、2モデル目となる。



 最新モデル『SL-2 Slicer』はコンパクトなサイズながら、ブラッシュアップされたステレオスライサーエンジンを装備し、シングルスライサー×2種、デュアルスライサー×2種、トレモロパターン、ハーモニックパターンの計6種に、さまざまなエフェクトとスライサーを組み合わせたユニークな2種も加えた全8つのスライスタイプを搭載している。



 各タイプにつき11種類のバリエーションが用意されているため、作り出せるサウンドは合計88種類におよぶ。さらに、BOSS専用のPCアプリケーション「BOSS TONE STUDIO」(Windows/Mac対応)を使用すれば、ライブラリーに用意されているスライスパターンが利用可能になり、本体内蔵のパターンとライブラリー上のパターンを入れ替えることもできる。



 コントロール部は、エフェクトパターンとバリエーションを切り替える2つのノブに加え、音の立ち上がりを調整するATTACKノブ、音の長さを変更するDUTYノブ、エフェクト音とダイレクト音(入力楽器の原音)のバランスを直感的に調節できるBALANCEノブ、テンポ(BPM)を操作するTEMPOノブ(ATTACKとDUTY、BALANCEとTEMPOはそれぞれスタック式の1ノブ仕様)というラインナップ。



 外部フットスイッチやエクスプレッションペダルとの接続にも対応。タップテンポ機能(一定の速さでボタンを叩くことでテンポを設定する機能)を装備しているため、バンドの演奏スピードに合わせてスライサーサウンドを足下でコントロールすることも可能になっている。



 また、同社の『FSシリーズ』(フットスイッチ)を接続すれば、ペダルを踏んでいる間だけエフェクトがかかる“モーメンタリースイッチ機能”も使用できる。一方、エクスプレッションペダルでは、本体のノブを足下でコントロールが可能になる。任意のノブをペダルに割り当てリアルタイムに動かすことで、独自のパフォーマンスを実現する。



 TRS MIDI端子を備えているため、外部のMIDI対応機器と同機のBPMを同期させることはもちろん、外部機器からON/OFFの切り替えやタップテンポ操作も可能に。ギター演奏に限らず、ループパフォーマンスやモジュラーシンセとの複雑なセットアップなど、さまざまなシチュエーションで活用できる柔軟性を備えた1台に仕上がった。
カテゴリ