中川大志、熱愛報道後初の公の場で終始笑顔 吉沢亮に出演相談も重圧受け嘆き「相手を間違えた」

中川大志、熱愛報道後初の公の場で終始笑顔 吉沢亮に出演相談も重圧受け嘆き「相手を間違えた」

 俳優の橋本環奈(23)と交際報道が出ている中川大志(24)が1日、都内で行われた映画『ブラックナイトパレード』(12月23日公開)制作報告会に、共演する吉沢亮(28)、渡邊圭祐(28)、福田雄一監督とともに出席した。中川は橋本との交際報道後、初めて公の場に登場し終始笑顔を見せていた。



【写真】熱愛報道後初の公の場で笑顔をみせる中川大志



 同映画は、【受験失敗・就活失敗・彼女無し】コンビニで3年間アルバイトをしているさえない男・日野三春(吉沢)が、世間がクリスマスムード一色で盛り上がる中、突如、黒いサンタ服を着た男にスカウトされ、世界中の子どもたちにプレゼントを配るブラックサンタとして働き始める物語。



 良い子のところには欲しいプレゼントを持った赤いサンタが、悪い子のところには欲しくもないプレゼントを渡しに黒いサンタがやってくるというサンタクロースにまつわる実在の伝承を基に、大胆な設定と、手に汗握る展開で、誰もが知っているサンタクロースの裏に隠された真実を描くクリスマスコメディー。中川はとにかくうざいDQNのチャラ男・田中カイザーを演じる。



 役どころについて、中川は冒頭「前歯のない男、カイザーを演じた中川大志です」とニヤニヤ。また、映画と大河ドラマの撮影が重なっていたことから「コンビニで廃棄弁当を食べて、戦に行くみたいなことをしていましたね」と笑いを誘った。



 そんなキャラクターを演じて「ものすごくぶっ飛んだキャラクターで『自分にできるかな?』とプレッシャーでした。(出演が)決まって吉沢さんに『よろしくお願いします!』と相談したら、『いや、カイザーにすべてかかってるから! お前にかかっているから』とプレッシャーをかけられ…」と打ち明けた。



 これに吉沢から「カイザーが面白くなければ(この映画は)終わりなので!」とイジられると、「(吉沢から)『大丈夫だよ!頑張ろうぜ!』と声がかかるかなと思いきや…相談する相手を間違えた」と照れながら嘆いた。



 最後に吉沢は「最高に笑える映画になっていると思います。家族でお子さんを連れて観ていただいたり、カップルで観ていただいたり、ね~。もちろん一人でもクリぼっちの味方ですから、ぜひ、観ていただきたい映画になっております」と呼びかけた。
カテゴリ