『すべて忘れてしまうから』第8話、阿部寛と尾野真千子が意外な場所と状況で再会

『すべて忘れてしまうから』第8話、阿部寛と尾野真千子が意外な場所と状況で再会

 ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の「スター」にて配信中の阿部寛主演、オリジナルシリーズ『すべて忘れてしまうから』(毎週水曜最新エピソード配信)。配信中の第7話で、祖母の自宅で入院準備を手伝っていた“F”(尾野真千子)。祖母からある大きな決断を迫られ、突然姿を消した“F”の物語がついに解き明かされることとなった。徐々に“F”の心情も明らかになってきた物語は本日(2日)配信開始の第8話でついに“M”(阿部)と再会する姿が描かれる。



【画像】『すべて忘れてしまうから』第8話の場面写真



 同ドラマは、燃え殻の同名エッセイを原作に、ハロウィンの夜に突如姿を消した恋人をめぐる、ミステリアスでビタースイートなラブストーリー。



 第8話では、いつものように”Bar灯台”で飲んでいるミステリー作家“M”。そこへ編集者・澤田(渡辺大知)が猫のナベシマを連れてやってくる。澤田は既婚者の彼女との不倫がバレてしまい、相手の実家に呼び出されたと言う。少しの間だけナベシマを預かって欲しいと頼まれ、渋々引き受ける“M”。翌朝、“M”の部屋にいるはずのナベシマがいない。焦った“M”は猫好きのフクオ(宮藤官九郎)を呼び出し、ナベシマの捜索を手伝ってもらうが、フクオは棚の上にいるナベシマをあっさり見つけてしまう。



 “M”はお礼にと、”喫茶マーメイド”へフクオを連れていく。話は泉(青木柚)のことに及ぶがそこでフクオは、ある嘘を打ち明ける。「誰かのためになるのなら、その嘘には値打ちがある」とフクオは言う。



 その頃“F”は、失踪して以来、初めて姉(酒井美紀)と会っていた。祖母の遺産を自分だけ受け取り失踪した事を身勝手な行動だったと謝り、リフォーム代として現金を渡そうとする“F”だが、姉は、「裏切られた事を忘れないように」と受け取らない。険悪な空気が流れる中、聞き覚えのある声がして見上げると、街頭モニターに“M”のインタビュー映像が流れていた。気取って取材を受ける“M”を見て、姉妹は以前のように仲良く笑い合うのだった。



 一方、フクオと別れた“M”は、浅草の演芸場でマジックショーを見ていた。ほとんど客の居ない劇場で、“M”は参加型マジックのゲストに指名されてしまう。マジシャンに言われるがまま大きな箱の中に入り、剣を刺されていく“M”。そんな中、“F”が何の前触れもなく静かに客席に入ってきて―――。



 解禁となった場面写真では、演芸場でマジックショーに無理やり参加させられ戸惑う“M”や、困惑する“M”を見て微笑む“F”の姿も見ることができる。自身の姉と正直に話す事が出来た“F”。そして、遂に再開を果たした“M”と“F”。第8話を含め残り3話で、2人のラブストーリーはどうなっていくのか。また、ナベシマという猫の名前は、燃え殻の原作エッセイから引用されており、原作ファンが思わずニヤッとしてしまう仕掛けになっている。



■第8話エンディング曲:No Buses「I'm With You」



 毎話異なる10組のアーティストが担当するエンディング楽曲。第1話のTENDRE、第2話の三浦透子、第3話のヒグチアイ、第4話のミツメ、第5話のpaionia、第6話の七尾旅人、第7話のROTH BART BARONに続くのは、No Busesの楽曲「I'm With You」。



 本作のエンディング楽曲として「I'm With You」を選んだ理由について、「エンディングとのお話だったので、エンディングっぽい曲を選定させていただきました。ほかにもあったのですが、制作途中だったものの中でこれが一番ハマりました」とコメント。軽快なリズムで巧みにギターをかき鳴らすバンドサウンドにより、彼らの魅力あふれるパフォーマンスを披露する。



 さらに、今回も第7話の振り返りMVが解禁。ROTH BART BARONによる「糸の惑星」にのせて、第7話の本編シーンで構成された特別映像となっている。

カテゴリ