『エヴァンゲリオン』舞台化決定 来年4月開業、東急歌舞伎町タワーの新劇場「シアターミラノ座」こけら落とし

『エヴァンゲリオン』舞台化決定 来年4月開業、東急歌舞伎町タワーの新劇場「シアターミラノ座」こけら落とし

 東急と東急レクリエーションは2日、来年4月に東京・新宿にオープンさせる「東急歌舞伎町タワー」開業半年前記者発表会を行い、アニメ『エヴァンゲリオン』とのコラボレーション施策を発表した。タワー内にオープンする劇場「THEATER MILANO-Za」(シアターミラノ座)のこけら落とし公演として、『舞台・エヴァンゲリオン Beyond』(仮)を上演する。



【画像】華やかな雰囲気!『東急歌舞伎町タワー』シネシティ広場イメージ



 同タワーは、かつての“エヴァの聖地”ともいわれた「新宿ミラノ座」があった「新宿TOKYU MILANO」跡地を再開発し、高さ約225メートル、地上48階・地下5階・塔屋1階の超高層複合施設となる。「“好きを極める場”の創出」をコンセプトとし、「新宿ミラノ座」の名を継承する約900席のライブエンターテインメントシアター「THEATER MILANO-Za」をはじめ、ライブハウス「Zepp Shinjuku (TOKYO)」、シネコン「109シネマズプレミアム新宿」などが入る。上層部は「HOTEL GROOVE SHINJUKU」(ホテルグルーヴ新宿)フロアとなる。



 開業半年前となったこの日、“好きを極める”施策第一弾が発表され、『EVANGELION KABUKICHO IMPACT』の取り組みが明らかになった。



 具体的には、「THEATER MILANO-Za」のこけら落としとして『舞台・エヴァンゲリオン Beyond』(仮)を上演する。ベルギー・アントワープ出身のシディ・ラルビ・シェルカウイ氏が、企画・演出・振付を手がける。



 ビデオメッセージを寄せたシェルカウイ氏は「非常に興奮しています」と言い、『エヴァンゲリオン』について「若い頃の私の成長の一部となっています」と説明。舞台作品に向け「コピーではありません。皆さんと共有できるのを楽しみにしています」呼びかけた。



 このほか、「109シネマズプレミアム新宿」の開業記念特別企画として『エヴァンゲリオン』関連映画祭(仮)が開かれ、アニメシリーズや関連作品が一挙上映される。「HOTEL GROOVE SHINJUKU」には期間限定で『LIFESTYLE HOTEL EVA』オープン。客室1フロアが『エヴァンゲリオン』の世界にアレンジされ、レストランではオリジナルコラボレーションドリンクやフードが楽しめる。



 また、「Zepp Shinjuku (TOKYO)」では高橋洋子のスペシャルライブが実現。高橋にとって『エヴァンゲリオン』シリーズをテーマとした初の単独有観客公演となる。



 『EVANGELION KABUKICHO IMPACT』は、2023年4月28日から順次展開され、舞台開幕は5月になるという。
カテゴリ