『ブラックパンサー』新作、地上VS海底の超絶バトルを3D&ラージフォーマットで

『ブラックパンサー』新作、地上VS海底の超絶バトルを3D&ラージフォーマットで

 マーベル・スタジオの新作映画『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』(11月11日、日米同時公開)より、ワカンダの民がいる<地上>と、海の帝国の王ネイモアがいる<海底>を舞台にした大迫力のバトルシーンが含まれた特別映像と、同作の映像や音を全身で体感することのできる“ラージフォーマット版”ポスター全3種が解禁となった。



【動画】『ブラックパンサー』特別映像【今こそ、戦いの時編】



 同作は、『ブラックパンサー』(2018年)からつながる物語。舞台は、偉大な王であり、ヒーロー/ブラックパンサーであるティ・チャラを失ったワカンダ。国王が不在となったワカンダの元に<海の帝国>の脅威が迫る。



 先日開催されたワールドプレミアでいち早く本編を鑑賞した批評家からは、「『アベンジャーズ/エンドゲーム』以来、最高の映画。スケール、カメラワーク、演技、そしてリアルな感情の波を全編で感じられた!」(批評家:サミュエル・レゲット・Jr.)、「撮影、音楽、視覚効果のすべてがこれまで以上に良くなっている。マーベル映画の中でも屈指の作品。映画全編にわたって新鮮な風が吹いている。」(ジャーナリスト/批評家:ダニエル・ホワット)などと、その映像や音楽などについて絶賛の声が上がった。



 今回解禁となる特別映像は、本編のアクションの一部を捉えたものとなっている。新ブラックパンサーの新たなアクションシーンに加え、そのワカンダに迫りくる、海の帝国の王 ネイモアや、アイアンハートことリリ・ウィリアムズによるド迫力の戦闘シーンが含まれており、本作で繰り広げられるダイナミックなアクションへの期待がより一層高まるものとなっている。



 そんな同作は2D(字幕、吹替)に加え、映像や音楽等、さまざまな要素を最大限に楽しむことのできるラージフォーマット版での上映が決定している。より作品への没入感を体感できる3D(吹替版)。映像にあわせて立体的で奥行のある音響を楽しむことができるドルビーシネマ (3D字幕)。



 通常のスクリーンよりも圧倒的に大きな画面で高画質な映像と、高い技術力を誇る音響が掛け合わされ、まるで目の前でバトルが繰り広げられているかのような没入感と、IMAXカメラで撮影されたシーンを最大26%増の映像世界で体感できるIMAX(3D字幕)。



 映画のシーンにあわせて客席が動き、風やミストなど五感を刺激する特殊効果が繰り出される「体感型」シアターシステム4DX・MX4D(3D吹替)。前方のスクリーンに加え、左右の壁にも映像が投影され、視界の限界を超える270°の世界が広がるSCREENX(2D字幕、吹替)。さらに4DXとSCREENXが掛け合わされた究極の映画体験を堪能できる4DX Screen(2D字幕、吹替)。全11バージョンの形態で上映される。



 解禁となったそれぞれ異なった色合いとデザインのポスタービジュアルでも、多彩な楽しみ方ができることをアピールしている。

カテゴリ