毎日“今日限定”のアイスクリームを味わえるお店知ってる?幡ヶ谷にオープンした「kasiki」に行ってきたよ


11月に入り、街に秋の色どりが感じられますね。



栗やさつまいもなど秋限定のスイーツに心躍らせている方も多いのではないでしょうか。



そこで今回は、東京・幡ヶ谷の「kasiki(カシキ)」というお店で、今しか味わえない旬の素材を使ったこだわりのアイスクリームをご紹介します。



東京・幡ヶ谷にオープンした「kasiki」



アイスクリームショップkasikiの入口



2022年10月26日に幡ヶ谷にオープンしたばかりのアイスクリームショップ「kasiki(カシキ)」。



「kasiki」という店名には、アイスクリームから季節感を感じてほしいという願いが込められているそう。



もともと隔週で週末にPOP UPとしてお店をひらくアイスクリーム屋さんでしたが、待望の実店舗をオープン。毎日8~10種類が店頭に並び、こだわりたっぷりのアイスクリームを味わうことができますよ。



シンプルで温かみのある店内



アイスクリームショップkasikiの店内



通りに面した壁には大きなガラス窓があり、コンパクトながらも開放感のある店内。



天気の良い日には窓が開けられ、外気を感じながらアイスクリームを楽しめます。外側はベンチになっているので、そちらも席として利用可能ですよ。



アイスクリームショップkasikiの店内



つなぎ目の感じられないシームレスな内装がとってもおしゃれですよね。



季節を感じるアイスクリーム



kasikiのアイスクリーム(いちじくローズマリーと洋梨バニラ)



kasikiのアイスクリームはすべて旬の果物やハーブ、お茶やお酒を使って作られていて、安定剤、保存料は使用されていないそう。



10月某日に訪れた際には、いちじくローズマリー / 青りんごカルダモン / 洋梨バニラ / 柿ルイボス / カカオとレモンバーベナ / ミントチョコチップ / 八角プルーン / ほうじ茶メープルの8種類がラインナップしていました。



価格は、single 税込500円 / double 税込850円 / triple 税込1000円 / KIDS 税込400円です。※写真はdouble(税込 850円)



kasikiのアイスクリーム(いちじくローズマリーと洋梨バニラ)



Instagramでその日のフレーバーをチェックできるので、「どれもおいしそうで悩んじゃう…」という方はあらかじめ決めておくのもおすすめですよ。



今回はいちじくローズマリー洋梨バニラをチョイス。



甘すぎず素材とミルクをしっかり感じられるおいしさです。いちじくのぷちぷち感や、洋梨の果肉のざらっとした食感も味わうことができました◎



シーズナブルフードはマロンパイ



kasikiのマロンパイ



店内ではアイスクリームだけでなく、ワインやコーヒー、シーズナブルフードが楽しめます。



写真のメニューはマロンパイ(税込1200円)。ほんのり温かいパイは冷たいアイスと相性バツグンでした。



セットのラムレーズンアイスはラム酒の風味がふんわりと香り、マロンパイを大人味に変えてくれましたよ◎



センスはなまるのおみやげもゲット



COFFEE COUNTYのコーヒー豆とnorm teaのティーバッグの販売



レジ横には福岡にロースターを構えるCOFFEE COUNTYのコーヒー豆や、東京・台東区にカフェを展開するnorm teaのティーバッグの販売も。



こだわりの浅煎りコーヒーはkasikiのアイスクリームにぴったりマッチするんだとか。COFFEE COUNTYのコーヒーは、ドリップコーヒーを店内でも味わうことができますよ。



“今しか味わえない”フレーバーを試してみて



kasikiのアイスクリーム(いちじくローズマリーと洋梨バニラ)とマロンパイ



今回ご紹介したのは幡ヶ谷にオープンしたばかりのアイスクリームショップkasiki



21:00まで営業しており、ワインも楽しめるのでアフターディナーにもおすすめですよ。



季節をたっぷり感じられるアイスクリームをぜひ味わってみてくださいね。



kasiki

場所:東京都渋谷区西原1丁目13−2(幡ヶ谷駅南口徒歩約7分、代々木上原駅徒歩約10分)

営業時間:11:00〜21:00 

定休日:水曜

公式Instagram:@kasiki__





カテゴリ