沢田研二主演映画『土を喰らう十二ヵ月』松たか子演じる年の離れた恋人のモデルになった人

沢田研二主演映画『土を喰らう十二ヵ月』松たか子演じる年の離れた恋人のモデルになった人

 歌手・俳優の沢田研二主演、松たか子共演、中江裕司監督最新作『土を喰らう十二ヵ月』(11月11日公開)。松が演じる作家のツトム(沢田)の担当編集者で、年の離れた恋人・真知子のキャラクターは、原案にはなく、脚本も手掛けた中江裕司監督によるオリジナルキャラクターだ。



【動画】映画『土を喰らう十二ヵ月』予告編



 同映画は、1978年に作家・水上勉が記した料理エッセイから、中江監督が紡ぎ出した物語。タイトルの「土を喰らう」とは、旬を喰らうこと。四季の移ろいの中で、自然が恵んでくれる食物をありがたくいただくこと、今この瞬間を大切に生きること。自然を慈しみ、人と触れ合い、おいしいご飯を作り、誰かと食べられることに感謝する日々を送る男と、その周囲の人々の1年間をを通して、丁寧な生き方とはどういうものか、真の豊かさとは何かを問いかける。



 人里離れた信州の山荘で、犬のさんしょ、13年前に亡くなった妻の遺骨と共に暮らしているツトム。畑で育てた野菜や山菜を収穫し、幼少期に禅寺で習った精進料理を作る日々。ほうれん草の胡麻和え、若竹煮、胡麻豆腐など、ツトムが寺で覚えた料理を具現化したのは、映画初参加となる料理研究家の土井善晴。食材は、撮影前に畑を開墾し育て収穫したものを使用するなど四季を撮るため、1年6ヶ月にわたる撮影を敢行するなど、“土を喰らう”本質に徹底的なこだわりが詰まっている。



 松が演じる真知子のキャラクターは、中江監督は原案エッセイのあとがきの「ミセス編集局の女子連に、ひそやかな悦しみをのぞかれ、かくも、よしあしごとを書く始末になった。嗚呼。」という一文を読んで真知子を作り出した。「水上さんの(ほかの)小説をもう一度読み直して、そこに出てくる女性たちを通じて真知子像を作り上げていきました」と、中江監督。



 「(松さんは)すばらしかったですね、沢田さんはそこにいるだけで役を成立させる役者さんですが、松さんはそういう沢田さんを細かくサポートしてシーンを作り上げてくれた。ただ脇を固めるだけでなく、瞬時に松さんが場の中心になることもある。その切り替えが見事なんです」 と振り返る。



 日活MOVIEチャンネルでは、物語を凌駕する圧倒的な存在感をみせる沢田と、チャーミングな魅力を十二分に発揮している松の姿を垣間見ることができる本編映像の一部が公開されている。子芋編(※)は、ツトムと真知子が皮を少し残して囲炉裏であぶった小芋で晩酌を楽しんでいる場面。静かであたたかな時間を過ごしていたが、突如、真知子の一言で、ふたりは恋人同士から、作家と編集者へと様変わりをする。



 「原稿は?」「……ない。」「もう締め切りよ」。ツトムは頬杖をつき、「子芋さんでゆるしてくれないかな」と甘えた素振りをして見せるが、穏やかな口調ながらに真知子は、おもむろに立ち上がると、手に取ったのはほかでもない原稿用紙。きっちり仕事をする真知子を目の前に、逃げ場がなく観念したツトムは思いを巡らせ万年筆を手に取ると…。



 締め切り原稿の催促は、作家と編集者間でよく繰り広げられるやりとりであると想像に難くないが、暮らす場所も年齢も離れた、一筋縄ではいかない作家ツトムと編集者・真知子の関係や多くは語らずも匂い立つ男女の機微を感じる印象的なシーンとなっている。



(※)https://youtu.be/n0_cN-wUiQQ
カテゴリ