豆乳で発酵してビフィズス菌の多いヨーグルトを作ろう!"プロバイオティクスBIFIY"

豆乳で発酵してビフィズス菌の多いヨーグルトを作ろう!"プロバイオティクスBIFIY"


「中垣技術士事務所」は、10月20日(木)をもって、「プロバイオティクスGBN1」の商品名を「プロバイオティクスBIFIY(ビフィイ)」1,437円(税込)に変更し新発売した。

同商品は「中垣技術士事務所」公式サイトで購入できる。

「プロバイオティクスGBN1」


「プロバイオティクス」は、人間の腸内に存在する微生物であり、適切な量が供給されると、宿主に健康上の利益をもたらすという。

「プロバイオティクスGBN1」は、ブルガリアの家庭で作られているヨーグルトから分離した乳酸菌「ラクトバチルス・ブルガリクスGBN1菌株」に因んだ商品名だが、「プロバイオティクス」の名に相応しくビフィズス菌数が多いことが特徴だ。


上記グラフが示すように「プロバイオティクスGBN1」には、乳酸菌よりもビフィズス菌を2.5倍ほど多く含有している。


また、最近は、豆乳で発酵するユーザーが多くなってきたが、牛乳と豆乳を「プロバイオティクスGBN1」で発酵させたところ、豆乳で発酵させた方がビフィズス菌数が飛躍的に増えることが分かったという。

「プロバイオティクスGBN1」の第二の特徴は、豆乳で発酵させるとビフィズス菌数の多いヨーグルトを作ることができる。

「プロバイオティクスBIFIY」


ビフィズス菌数の多いヨーグルトを発酵できる特徴をわかり易くするために、商品名が「プロバイオティクスGBN1」から「プロバイオティクスBIFIY」に変更された。

「BIFIY」は、「Bifidobacterium」の「Bifi」と「Yogurt」の「Y」を組み合わせた造語。ビフィズス菌は酸素や酸に弱く家庭で発酵させることが困難だったが、「プロバイオティクスBIFIY」で豆乳を発酵させると、新鮮なビフィズス菌を摂取できるそうだ。

「プロバイオティクスBIFIY」は、牛乳で発酵させると美味しいヨーグルトを作ることができるが、ビフィズス菌の多いヨーグルトを作るためには豆乳で発酵させるのがおすすめだという。「プロバイオティクスBIFIY」の使用法、その他詳細は公式サイトで確認を。

「プロバイオティクスBIFIY」を豆乳で発酵させ、ビフィズス菌の多いヨーグルトを作ってみては。

「中垣技術士事務所」公式サイト:https://www.nakagaki.co.jp/

(角谷良平)
カテゴリ