松田凌×和田琢磨、待望の初共演 東映ムビ×ステ『仁義なき幕末』令和ヤクザが幕末にタイムスリップ

松田凌×和田琢磨、待望の初共演 東映ムビ×ステ『仁義なき幕末』令和ヤクザが幕末にタイムスリップ

 映画と舞台を完全連動させるプロジェクト「東映ムビ×ステ」第5弾『仁義なき幕末』が、2023年春に映画公開&舞台上演される。映画の主演は、松田凌。舞台の主演は、和田琢磨。2人は映画・舞台の両方に出演し、初共演を果たす。



【写真】『仁義なき幕末』で初共演が実現する松田凌、和田琢磨



 今作の舞台は幕末。令和の時代からタイムスリップしたヤクザものたちが数奇な運命をたどり、坂本龍馬や新選組、幕末志士ら史実上の偉大な人物たちと交わり、歴史を動かす奇譚劇。



 あわせて解禁されたティザービジュアルでは、令和のヤクザを演じる松田と和田がそれぞれ白と黒のスーツを着こなしながらも、松田は坂本龍馬の愛用した銃と龍馬の家紋の入った羽織りを、和田は日本刀と新選組のだんだら羽織りをまとい、現代と幕末を飛び越えた新感覚時代劇であることを表現している。



 映画の主演を務める松田は、初出演舞台であるミュージカル『薄桜鬼』で初主演を務めたほか、舞台『東京リベンジャーズ』ではマイキーこと佐野万次郎を演じ、さらにはミュージカル『進撃の巨人 the Musical』(2023年1月上演)では人気キャラクターのリヴァイ役に起用されるなど、数多くの舞台やドラマで活躍中。



 舞台の主演を務める和田も、ミュージカル『テニスの王子様』の手塚国光役や、舞台『ダイヤのA The LIVE』の御幸一也役など、2.5次元作品で人気のキャラクターを数多く演じ、舞台『刀剣乱舞』にも出演している。



 映画でメガホンをとるのは、『探偵はBARにいる』シリーズや、『劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班』、ドラマ『相棒 season15』よりメイン監督を務める橋本一。映画の脚本と、舞台の脚本・演出は、映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』や『fromARGONAVIS』、ミュージカル『薄桜鬼』、舞台『デュラララ!!』、『風都探偵 The STAGE』など人気作品を数多く手がける、劇団「少年社中」の毛利亘宏が務める。



■松田凌(村田恭次 役)のコメント



 東映京都撮影所で、橋本一監督のもと、毛利亘宏さんの脚本で俳優陣が狂おしい程に暴れまくっています。自分自身は今の全てをこの作品に込めました。血が滾(たぎ)る、熱を帯びた作品になっていると思います。来年春、是非映画館で確かめていただけたら幸いです。そして願わくばその先にある演劇にも。来るべき夜明けを夢見て。



■和田琢磨(大友一平 役)のコメント



 大友役の和田琢磨です。いつか松田凌くんとお芝居したいと願っていた時にこのお話をいただきとてもうれしかったです。さらに、蓋を開けて見たら素晴らしい役者の方々ばかりで、自分にとって初めての東映京都撮影所での撮影はとても有意義なものとなりました。舞台のほうも盛り上げていきたいと思いますので、『仁義なき幕末』来年の春、せひ楽しみに待っていて下さい!
カテゴリ