【ドラマ満足度】川口春奈主演『silent』が2週連続で首位 “表情”で演じる目黒蓮に50代男性も「目頭が熱くなった」

【ドラマ満足度】川口春奈主演『silent』が2週連続で首位 “表情”で演じる目黒蓮に50代男性も「目頭が熱くなった」

 オリコンが調査する最新のドラマ満足度(10月18日~10月24日放送を対象)では、川口春奈主演の『silent』(フジテレビ系)が2週連続で1位にランクイン。前週を上回る98Ptを付けており、100Pt満点も間近となっている。



【ランキング表】「まさかの!」テレ東“名作”が「日曜劇場」超え…山崎賢人、長澤まさみら主演作の順位



 『silent』の勢いが止まらない。満足度(100Pt満点)は初回から88Pt、97Pt、98Ptと右肩上がりで、今回調査した3話目の内訳は、5項目のうち4項目(Twitterの「話題性」、「視聴量」、「主演」、「主演以外」)で20Pt満点を記録。「内容」だけが18Ptだったが、物語がこれから大きく動くこのタイミングの評価としては上々だと言える。



 視聴者のコメントは、「友だちの病気を久々の再会で知ったシーンで、目頭が熱くなった」(50代男性)、「毎回毎回、前回を超えてくるのがすごい」(50代男性)、「久々に日本のドラマに惹かれている」(20代女性)、「恋愛ドラマあんまり好きじゃないけどこのドラマは好き」(20代女性)など、作品全体に好印象を抱く声が多数。



 出演者に対しても、「川口春奈の泣きの演技が自然でグッときた」(30代女性)、「目黒蓮(Snow Man)は、言葉が出なくて辛い心情をうまく演じている」(40代女性)など高評価が寄せられており、「出演者の演技がいいので毎週リアタイ(リアルタイム視聴)してしまう」(40代女性)といった声もあった。



 本編は『TVer』にて、初回から4話目までが期間限定で配信中。さらに10月31日には、本編で描かれていない『4話エピソード0~紬と想と湊斗、8年前のある出来事~』と題したオリジナルのエピソードも配信されている。地上波放送にとどまらない仕掛けも相まって、作品の盛り上がりが広がっているようだ。



 このほか3位には、久々の地上波ドラマでの主演が話題を集めている山崎賢人(※崎=たつさき)の『アトムの童』(TBS系)がランクインしており、2話目で88Ptを獲得。4位には、長澤まさみ主演『エルピス―希望、あるいは災い―』(関西テレビ・フジテレビ系)が初登場しており、重厚感のある社会派サスペンスというオリジナル脚本ながら、87Ptの高数値を記録した。



 フジテレビ作品の躍進が目立つ秋ドラマの盛り上がりに、引き続き注目したい。



●「ドラマ満足度ランキング」とは

「オリコン ドラマバリュー」をもとに集計。オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1~20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。
カテゴリ