【RIZIN】緊急参戦の鈴木千裕、“寝業師”今成正和戦は「緊張感を体感できるのは楽しみ」平本蓮には嫌悪感

【RIZIN】緊急参戦の鈴木千裕、“寝業師”今成正和戦は「緊張感を体感できるのは楽しみ」平本蓮には嫌悪感

 6日に開催される『RIZIN LANDMARK 4 in NAGOYA』(愛知・ドルフィンズアリーナ)の出場選手インタビューが4日に名古屋市内で行われ、第10試合で今成正和(46)と対戦する鈴木千裕(23)が、試合に向けた意気込みを語った。



【会見動画】鈴木千裕と口喧嘩勃発! 朝倉未来の悪口を連発する平本蓮



 当初は今成VS摩嶋一整の試合だったが、摩嶋の負傷により鈴木が緊急参戦。9月の萩原恭平戦で勝利しながらも足を負傷していたが「だいたい治ってる。ほぼ100の状態なのでそんなに気にしていない」と回復ぶりを明かし、“寝業師”今成との急な試合決定にも「率直な感想は素直にうれしかった。若手が超えなきゃいけない壁でいずれ戦うと思っていた。緊張感がすごいので、それを体感できるのはちょっと楽しみ」と前向きにとらえている。



 今成の十八番である足関節への対策は「すぐに極められるようなディフェンス力じゃないので、入られる前に対応できる。警戒はしているけど心配はしていない」と自信を見せる。



 萩原戦の前のインタビューでは「格闘家として大舞台の大みそかに出てみたい」と語っていた鈴木。9月の試合での一本勝ちにより参戦の可能性が高まっていたが、その前に試合に出ることのリスクを問われると「僕の目標はRIZINでチャンピオンになることで、強い選手に勝ってベルトに近づきたい。そう考えた時に『大みそかに出たいので、今回は出ません』というのは本末転倒。ケガがなければ、どんどん試合することがチャンピオンになるための最短ルート」と大舞台よりも王者へと駆け上がるスピード感を選んだ。



 今月1日の参戦会見では、今年3月に試合をして判定勝利し、その後もSNSで因縁を繰り広げていた平本蓮(24)と久々に対面すると、生中継で口げんかを繰り広げた。そんな平本について「とりあえず頑張って試合に勝ってという感じ。興味が無いんで。鬱陶(うっとう)しいなって感じ」と嫌悪感もあらわにした。



◆『ANGEL CHAMPAGNE presents RIZIN LANDMARK 4 in NAGOYA』

日時:11月6日(日) 後0:30開場/後2:00開始(予定)

会場:ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)

チケット:発売中

PPV:ABEMA、RIZIN STREAM PASS ほか



●対戦カード

【OPファイト】佐藤執斗 VS KAZUNORI(53キロ契約)

【OPファイト】久保健太 VS 秀義(57キロ契約)

【OPファイト】日比野“エビ中”純也 VS 吉田陸(61キロ契約)

第1試合 奥田啓介VS 久保優太(66キロ契約)

第2試合 魚井フルスイング VS ヤン・ジヨン(61キロ契約)

第3試合 アラン“ヒロ”ヤマニハ VS 川村泰博(61キロ契約)

第4試合 青井人 VS 鈴木博昭(66キロ契約)

第5試合 中村優作 VS 征矢貴(57キロ契約)

第6試合 SARAMI VS ラーラ・フォントーラ(49キロ契約)

第7試合 カルリ・ギブレイン VS 貴賢神(無差別級)

第8試合 ミノワマンZ VS 侍マーク・ハント(120キロ契約)

第9試合 元谷友貴 VS 倉本一真(61キロ契約)

第10試合 今成正和 VS 鈴木千裕(66キロ契約)

第11試合 弥益ドミネーター聡志 VS 平本蓮(70キロ契約)
カテゴリ