【RIZIN】弥益ドミネーター聡志、対戦相手の平本蓮は「人間と選手の評価を分けないと」苦戦を想定して準備

【RIZIN】弥益ドミネーター聡志、対戦相手の平本蓮は「人間と選手の評価を分けないと」苦戦を想定して準備

 6日に開催される『RIZIN LANDMARK 4 in NAGOYA』(愛知・ドルフィンズアリーナ)の出場選手インタビューが4日に名古屋市内で行われ、第11試合で平本蓮(24)と対戦する弥益ドミネーター聡志(32)が、試合に向けた意気込みを語った。



【会見動画】鈴木千裕と口喧嘩勃発! 朝倉未来の悪口を連発する平本蓮



 本来はフェザー級の66キロ契約の試合だったが、今月1日の会見で平本が足の負傷により減量が困難になったため、急きょ70キロ契約に変更。思わぬドタバタ劇に弥益は「試合自体に集中する時間が少し短かい、ほかのことで頭が埋まってしまった印象です」と語り、「メジャーイベントですよね。いろんな人の思惑があるなかに飛び込んでいるなと、今回の件で改めて実感した」と冷静に振り返った。



 過激なSNS発言でファンとアンチを巻き込んでいる平本について「彼については、人間の部分と選手の部分の評価を分けて話さないといけない。人間としては人の心に及ぼす力をいい意味でも悪い意味でも持っている。その根底には競技に対して日頃から考えている人間なんだろうなと。選手としては元が強くて、それを最初に表現したのがK-1という舞台。MMAには100%ではない」と分析した。



 MMAのキャリア的に今回は弥益が楽勝という声も多いが「今回は苦戦すると想定して、そうなっても自分が崩れないようにしたい」と気を引き締めた。



 一流企業のサラリーマンとMMAファイターという二刀流で注目を集めるが、「両立する秘訣は楽しむこと。RIZINに出たいというサラリーマンからDMで相談されるが、RIZINに出るために格闘技をすることはオススメしないです。目標が先すぎるので、楽しいと思ったことをやっていくようにしましょう」と、あくまでも自分が楽しいと思って取り組むことの重要性を説く。



 仕事以外の時間はほぼ格闘技の練習に励んでいるが、「この生活で何よりも大切なのは、奥さんと職場の皆さんの忍耐です(笑)。トレーニングは自分にとって遊びに出かけているので、だからこそ続けられる」と充実した表情で明かした。



◆『ANGEL CHAMPAGNE presents RIZIN LANDMARK 4 in NAGOYA』

日時:11月6日(日) 後0:30開場/後2:00開始(予定)

会場:ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)

チケット:発売中

PPV:ABEMA、RIZIN STREAM PASS ほか



●対戦カード

【OPファイト】佐藤執斗 VS KAZUNORI(53キロ契約)

【OPファイト】久保健太 VS 秀義(57キロ契約)

【OPファイト】日比野“エビ中”純也 VS 吉田陸(61キロ契約)

第1試合 奥田啓介VS 久保優太(66キロ契約)

第2試合 魚井フルスイング VS ヤン・ジヨン(61キロ契約)

第3試合 アラン“ヒロ”ヤマニハ VS 川村泰博(61キロ契約)

第4試合 青井人 VS 鈴木博昭(66キロ契約)

第5試合 中村優作 VS 征矢貴(57キロ契約)

第6試合 SARAMI VS ラーラ・フォントーラ(49キロ契約)

第7試合 カルリ・ギブレイン VS 貴賢神(無差別級)

第8試合 ミノワマンZ VS 侍マーク・ハント(120キロ契約)

第9試合 元谷友貴 VS 倉本一真(61キロ契約)

第10試合 今成正和 VS 鈴木千裕(66キロ契約)

第11試合 弥益ドミネーター聡志 VS 平本蓮(70キロ契約)
カテゴリ