『クロサギ』次週予告にファン驚き “宿敵”御木本との直接対決に「ドキドキ」「展開早すぎる」

『クロサギ』次週予告にファン驚き “宿敵”御木本との直接対決に「ドキドキ」「展開早すぎる」

 人気グループ・King & Princeの平野紫耀が主演を務める、TBS系金曜ドラマ『クロサギ』(毎週金曜 後10:00)の第3話が、4日に放送された。



【場面カット】ラスボスの風格…坂東彌十郎が大物詐欺師を演じる



 原作は黒丸・夏原武による漫画『クロサギ』シリーズで、2006年にはTBSにて山下智久主演で連続ドラマ化、08年に映画化された。今作では、13年に全42巻で完結した漫画シリーズを原作に、いわば“『クロサギ』完全版”として新たにドラマ化。2022年の現代を舞台に、今の日本でリアルに起こっている詐欺に「クロサギ」が喰らいつく。「詐欺」が誰にとっても身近な脅威となっている現代の日本で、「クロサギ」がどのように暗躍するのか。さらに、原作完結前の前ドラマシリーズでは描かれなかった、主人公・黒崎vs家族を奪った最大の宿敵の直接対決も今作の見どころとなる。



 第3話は、今回のターゲットは「知的財産詐欺」。桂木(三浦友和)からシロサギ・西岡崎誠二(栗原英雄)の情報を買った黒崎(平野紫耀)は早速そのシロサギに接触するが、片腕として現れた弁護士・白石陽一(山本耕史)に怪しまれる。邪魔な白石を何とかしようと黒崎は白石の後をつけ動向を探るが、その先に思わぬ出会いが待ち受けていた――。



 一方、黒崎の周りでは新たな動きが。黒崎の過去を知った氷柱(黒島結菜)は黒崎のことをもっと知りたいと思うようになり、神志名(井之脇海)も黒崎を捕らえるために桂木を調べ出す。桂木は当然、そんな周囲の動きに気づかないはずはなく…。そしてついに、御木本(坂東彌十郎)自らも詐欺師として動き始める…というストーリーだった。



 放送後、第4話(11日)の予告映像が流れ、黒崎が“家族の仇”である御木本と直接対決することが明らかに。ファンからは「もう!?」「展開が早すぎる」「ドキドキ」「来週まで待てない」などの声が寄せられている。
カテゴリ