『覆面D』5話あらすじ “武藤”水沢林太郎、兄の“マサ”桜田通に殺意 “大地大輔”メンディーが駆けつける

『覆面D』5話あらすじ “武藤”水沢林太郎、兄の“マサ”桜田通に殺意 “大地大輔”メンディーが駆けつける

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの関口メンディーが主演を務める、ABEMAドラマ『覆面D』(毎週土曜 午後10:00)の第5話が、きょう5日に放送される。



【場面写真】何者かに電話をする”半グレ”マサ(桜田通)



 本作は、現代の高校生たちが直面している社会問題と、それに向き合い続ける教師を描く、完全オリジナルストーリーの連続ドラマ。メンディーは、教育困難校に赴任した高校教師兼覆面レスラーを演じる。弟と祖父母の世話をするヤングケアラーの男子高校生、妊娠してしまった女子高校生など、今の高校生たちに起きている日本社会の縮図となっているリアルな問題を扱いながら、どんなことがあっても諦めず、体を張って向き合い続ける先生と生徒の姿を描く、社会派学園エンターテインメントとなっている。



■第5話あらすじ



 大地大輔(メンディー)は、闇バイトの元締め・マサ(桜田通)との対決で傷だらけのまま、Xとの試合に強行出場した。結果は惨敗で、ベストコンディションで臨まなかったことを理由に、BBT団体副社長・信子(酒井若菜)からクビを宣告される。



 ときを同じくして生徒の武藤(水沢林太郎)はマサのもとに駆け込む。なんとマサは武藤の実の兄だった。マサの配下にある鶴田(曽田陵介)と小橋(紺野彩夏)を詐欺バイトから抜け出させるべく、マサを殺すためにナイフを準備する。



 入院中の大輔は、武藤の危機を聞きつけて2人の間に割って入るも、まだまだ満身創痍だった。マサにとどめを刺されるのかと思いきや、そこに何者かが現れる。
カテゴリ