山田裕貴、初の月9レギュラーで“法律の判例オタク”に【コメントあり】

山田裕貴、初の月9レギュラーで“法律の判例オタク”に【コメントあり】

 俳優の山田裕貴が、来年1月にスタートする北川景子主演のフジテレビ系月9ドラマ『女神の教室~リーガル青春白書~』に出演することが決定した。東大法学部在学中に司法試験をパスした天才で、青南大学法科大学院の研究家教員にして法律の判例オタクという変わり者・藍井仁を演じる。



【全身ショット】めがねをかけて知的な雰囲気…来年1月期の月9ドラマ『女神の教室』に主演する北川景子



 同作は、北川演じる主人公・柊木が「人を知らなければいい法律家にはなれない」をモットーに、ロースクールで「法」だけでなく「人」を学ぶ授業を展開。“司法試験合格”という目先のゴールばかりにとらわれるロースクールの現実に、新風を巻き起こしていく。裁判官や検察官、弁護士などの“法曹界”を目指す学生たちが通う法科大学院、通称・ロースクールが舞台となる同作。裁判官の柊木(北川)が、実務家教員としてロースクールへ派遣されてきたことで物語が始まる。



 山田演じる藍井は、無愛想で他人のことにはまったく興味がなく、北川演じる主人公・柊木雫とは性格も教師としての指導方法も完全に真逆。そんな藍井と柊木がときにはぶつかり合いながらも切磋琢磨しながら、模擬裁判や授業を通じて学生たちに法の教科書には載っていない気づきを与えていく。月9作品へのレギュラー出演&リーガル作品は初めてとなる山田が、どんな変わり者を作り上げるのか、注目が集まる。



 今回の発表を受けて、山田がコメントを寄せた。



■山田裕貴

――今作の出演が決まった際の心境をお聞かせください

「素直に“すごい、月9だ!”という感想でした(笑)。まさか、自分の人生が月9に出演できる道のりになるとは想像していなかったので、単純に“わぁ、すごい!”という思いが強かったです。『プライド』、『HERO』などいろいろな作品を、子供のころからよく見ていました。最近の作品では、吉沢亮くんが出ているなぁとか、自分と同年代の人たちが主演として出始めているイメージ。ただ逆に、どんな枠だろうと、どの場所でも自分がやることは変わりません。自分が今までやって来たことを、今回もしっかりとできればいいなと思っています」



――オリジナルドラマとなりますが台本や自身の役に関する印象は?

「ロースクールの学生たちがそれぞれ思いを抱えながら司法試験という難関に立ち向かっていく姿や、世の中のどれが真実で、どれが偽物なのか?と疑う目を持った方がいいというメッセージもドラマを通して考えていただけるのではないでしょうか。藍井という役については、衣装やメイクによって、どんな人物なのか徐々にわかってくるんじゃないかと思っていたんです。逆に言うと、台本だけだとどのようにもなれる。カッチリしたスーツを着た格好良いスタイリッシュなキャラクターでもいけるし、ラフなスタイルでもいける…(人物の細かい方向性を)メチャクチャ任されているなと(笑)。藍井はクセが強目には見えますが…とにかく学生たちは試験に合格しないと時間や費やしたお金がもったいないと考える男。法律を活かせない職業に就くなら今の時間は無駄、だから司法試験に合格しろ、勉強しろ…ただ、それだけなんです。でも僕は、できない学生への厳しさ、切り捨ててしまう藍井の姿も、逆に愛情に見えればいいなと思っています」



――視聴者の皆さまへメッセージ

「今作はただの教員、学生が登場する学園ドラマではありません。女神と書いて“テミス”と読むのも新しいですし、サブタイトルで“青春白書”と付いていますが、ただの青さや春っぽさではなく、厳しさやつらさ、人間が生きていくことの大変さを法律に絡めて見せていくドラマなので是非楽しんでいただきたいです。登場人物たちと同じような悩み、苦しみ、つらさを抱えた方たちには、みんな一緒だと感じていただけたらうれしいです」
カテゴリ