YOSHIKI悲痛 YOSHIさん急逝に「ショックが大きい」 「オーディションを続けるべき?」の投げかけも

YOSHIKI悲痛 YOSHIさん急逝に「ショックが大きい」 「オーディションを続けるべき?」の投げかけも

 X JAPANのYOSHIKIが8日、ツイッター更新。自身がプロデューサーを務めるオーディション番組『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』合格者で、4人組バンドのボーカルとしてデビューに向けて準備を進めていたYOSHI(本名:佐々木嘉純/享年19)さんが、5日にバイク事故で急逝したことを受け、悲痛な胸中を吐露した。



【写真】YOSHIKI のオーディションで合格したYOSHIさんらバンドメンバー4人



 YOSHIKIは「レコーディングしてた最中、彼が亡くなった まだ信じられない、悲しい、彼はすでにスターであり、素晴らしい人だった 自分は彼をより大きなスターにできると確信していた。#RIP #YOSHI..miss you.」と、YOSHIさんを追悼。



 さらに「アーティスト/友達, を亡くして,精神的にショックが大きい。@yoshiki_s_star オーディションを続けるべき? 相談相手だった母も、もういない」と、オーディション『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』を継続するか否かを投げかけた。



 通常のオーディションは、審査を経て合格者を発表して終了となるが、本オーディションでは先に、バンド4人、ダンス&ボーカル16人の20人が合格したことを発表。11月1日の日本テレビ系『スッキリ』では、バンドメンバーがYOSHIさん(Vo/19)、坂元快利(Gt/25)、古野達識(Ba/20)、村上恭平(Dr/24)の4人に決まったことが放送されたばかりで、これからデビューに向けての過程を追っていく予定だった。



 きょう8日放送の『スッキリ』では、バンドの4人が米ロサンゼルスの元へ行き、路上ライブなどで武者修行する様子が流れた。YOSHIKIとゲスト審査員に、4人で初めて作ったオリジナル曲を初披露する場面もあり、YOSHIKIは「スターだと思うみんな」「ダイヤモンドの原石なんだけど、もう輝き始めていると思う。一緒に磨こう」「すぐにでもステージに立てるね」と興奮していた。



 そんな矢先のYOSHIさんの事故死に、YOSHIKIは悲嘆に暮れている。



 オーディションの公式サイトでは「訃報に際し、未だ信じ難く受け入れられない思いです。ご家族の皆様には謹んでお悔やみ申しあげるとともに、ご冥福を心よりお祈り申し上げます」とYOSHIさんを追悼。「オーディションの今後に関しては関係者で協議の上、改めてお知らせをさせていただきます」としている。
カテゴリ