役所広司×吉沢亮“初共演”映画『ファミリア』印象的なせりふでつむいだ予告映像

役所広司×吉沢亮“初共演”映画『ファミリア』印象的なせりふでつむいだ予告映像

 俳優の役所広司と吉沢亮が初共演する、成島出監督最新作『ファミリア』(2023年1月6日公開)の予告映像と本ビジュアルが到着。役所と吉沢が演じる父子や彼らと出会う人々の印象的なせりふをつなぎ、オリジナル作品である同作に込めたメッセ―ジを強く打ち出した感動的な予告映像となっている。



【動画】映画『ファミリア』本予告編



 山里に一人暮らす陶器職人の神谷誠治(役所)、赴任先のアルジェリアで出会った女性との結婚が決まった誠治の息子・学(吉沢)、そんな父子に助けられた傷ついた在日ブラジル人の若者・マルコス(サガエルカス)。 国籍や育った環境、話す言葉などの違いを超えて、大切な人と共に生きていきたいと願う人々の姿を描く。



 主演の役所をはじめ、吉沢、佐藤浩市、MIYAVI、松重豊、中原丈雄、室井滋らが、成島監督のもとに集結。さらに実際に日本で暮らすブラジル人の若者たちをオーディションで抜てき。当事者による演技は、“演技”の域を超えた本物のきらめきと瑞々しさがあり、現実感たっぷりだ。



 予告映像は息子の結婚を喜ぶ父・誠治、そして難民出身のナディアと結婚し、日本で家庭を築くことを決めた息子・学の幸せそうな表情が印象的なシーンから始まる。そんな幸せな家族のもとに半グレに追われて傷ついたブラジル人青年・マルコスが迷い込んでくる。



 存在そのものを否定されるような扱いを受けて窮地に陥っていたマルコスは恋人のエリカ(ワケドファジレ)とともに誠治の元をおとずれ、「日本人にもなれない!ブ ラジル人でもない!」と思わずつらい胸の内をぶつける。どんな思いも受け止め、「あの娘の笑顔を守ってやれ」とまるで本当の父のように助言してくれる誠治の姿に、亡き父の面影を重ね、次第に心を開いたマルコスは焼き物の仕事を手伝うように。言葉も育った環境も違うが、絆を深めていく誠治、学とナディア、そしてマルコスやエリカらブラジル人の若者たち。そんな彼らの身に人生を揺るがす大きな事件が起きる。



 映像後半は壮大な音楽とともに、理不尽な悲劇に見まわれる大切な息子たちを思い、「息子はどうなる!」「死ぬなよ」と感情を抑えられない誠治の姿、そして「夢を持つことは怖いことじゃないよ」「話す言葉も育った環境も違うのにさ、俺たち家族になるんだよ」と学の希望あふれる言葉が紡がれていく。



 本ビジュアルは、全力でマルコスを勇気づけようとする誠治の強い眼差しが印象的なカット、そして人生の門出を迎えた学の笑顔、その明るさで日々奮闘するマルコスの恋人エリカ、さらに半グレの海斗(MIYAVI)、誠治の親友の刑事・駒田(佐藤)といった主要キャラクターを捉えたビジュアルとなっている。同ビジュアルは今週11日より全国の映画館(一部劇場を除く)にて順次掲出される。

カテゴリ