76歳・中尾ミエ、デビュー当時10代の貴重写真を公開「アイドルなんて言葉もなかった」

76歳・中尾ミエ、デビュー当時10代の貴重写真を公開「アイドルなんて言葉もなかった」

 俳優の中尾ミエ(76)が9日、白髪染め「ビゲン グレイスタイル」新CM発表会に参加した。この日は、現在、グレイヘアの中尾と、CM共演する近藤サトとともに、若き日から髪型の遍歴をプレイバック。中尾の「15、6歳」だったというデビュー当時の写真も公開された。



【写真】デビュー当時…10代の中尾ミエ&20代後半の近藤サトも



 モニターに上映された写真を見ながら、中尾は「デビューのときは長かったんです。15くらいかな?ご覧のとおり、産毛が多くて、髪がくしゃくしゃでそれが気に入っていた。でも上層部が『なんだ、その頭』って。私たちの時代は、一糸乱れずアップだとキチッと…というのが主流だった」と偉い人からのウケが悪かったそう。



 それでも「私のトレードマーク」として意に介していなかったという中尾だが「『もう少しなんとかならないか』って。そうしているうちに歌がヒットして。上層部に『その髪がトレードマークだから、これでいくぞ』と言われて、ムッとして私、その足で美容院に行ってバサッとショートにしたんです。かわいくないでしょ?」と反骨心あふれるエピソードで、近藤を「さすがミエさんらしい」と驚かせた。



 年齢の割に大人っぽさものぞく当時の容姿に「私たちの時代は、芸能界は大人の世界でしたから、子どもっぽく見られるのが嫌だった。だから肩ひじ張って、なんとか大人の世界の邪魔にならないようにしたい意識が強かった。アイドルなんて言葉はなかった。アイドルなんて枠がなかった」となつかしむと、近藤は「どんだけ昔っていう。なるほどアイドルが生まれる前」とツッコミ。中尾は「だって、60年前よ?」と笑い飛ばしていた。



 2人の出演する新CM『グレイヘアを楽しもう』は同日より放送開始。
カテゴリ