『相棒』第5話、右京VS天才の知恵比べがぼっ発 暴走を続ける爆弾犯に特命係が挑む

『相棒』第5話、右京VS天才の知恵比べがぼっ発 暴走を続ける爆弾犯に特命係が挑む

 俳優の水谷豊と寺脇康文がタッグを組む、テレビ朝日系連続ドラマ『相棒season21』(毎週水曜 後9:00)第5話がきょう9日に放送される。



【相関図】初代相棒・亀山薫が帰還!特命係の2人を囲む登場人物をおさらい



 今回は、警察を挑発し、暴走を続ける爆弾犯が登場。女子学生の死亡事故に犯行の動機が。右京vs天才の知恵比べ…危険な罠に特命係が挑む。



【第5話「眠る爆弾」あらすじ】

大学構内に爆発物を仕掛けた男が、警察を挑発する動画を送りつけてきた。男は顔を隠そうとしないどころか、自ら素性を明かすような行動を取ったため、犯人は問題の大学に籍を置く平山翔太(山本涼介)という学生であることが判明する。



杉下右京(水谷)と亀山薫(寺脇)は、同大学で先月、女子学生が実験中に死亡する事故があったことを知り、爆弾事件との関連を捜査。実験計画書には、平山の名前があり、本人の供述も不自然だったため、殺人の可能性も疑われていた。



そんな中、平山が共同研究者である准教授の三沢龍之介(山崎潤)を監禁していることが発覚。さらに平山は、大胆にも自ら警察と接触し、女子学生死亡事故の再調査を要求してくる。
カテゴリ