風見しんご、留学前ラストステージにしみじみ “しんご”うちわに感激「ぐっと来るものが」

風見しんご、留学前ラストステージにしみじみ “しんご”うちわに感激「ぐっと来るものが」

 俳優でタレントの風見しんご(60)が9日、東京・中野サンプラザホールで行われた日本歌手協会主催の『第49回歌謡祭』に出演。来年1月から予定している米ロサンゼルスに語学留学前のラストステージに立った。



【写真】真っ赤な紋付きでノリノリな風見しんご



 この日が、ファンの前で歌唱する最後の舞台。風見は東京力車のメンバーの人力車に乗りながら登場。「私、10月に還暦を迎えました」と真っ赤な紋付き姿で笑顔を振りまいた。留学の話題を振られると「今年度からアメリカの方へ旅立とうと思っています。英語がしゃべれないので、しゃべれるように」と語った。コンサートでは、「僕笑っちゃいます」を歌唱。歌い終えると「本当に皆さん、ありがとうございました」と再び感謝の言葉を口にした。そして、再び東京力車の引く人力車の乗り込むと「カリフォルニアまで」とさっそうと去った。



 終演後には取材にも応対。留学前ラストステージを終えた感想を問われると、風見は「取材までしていただいて…。大事になっているのでビックリしています(笑)。こそっと行って、こそっと帰ってこれたらいいなと思っていたので」と笑顔を見せた。



 これがファンに直接会う最後の機会だった。「還暦を迎えたんですけど、きょう何十年かぶりに、うちわを振ってくださいまして(笑)。きらきらして『しんご』って書いてありまして。はるか昔のアイドルのころを以来。うちわにぐっと来るものがありました」としみじみと語っていた。



 風見は、40年前(1982年)の10月8日にTBSテレビ系『欽ちゃんの週刊欽曜日』で芸能界デビュー。先月、ホームーページで留学を発表し「おかげさまでこの初レギュラー番組デビュー日から一度も途切れることなく現在レギュラー番組99本で芸能生活41年目に入った矢先ではありますが、10月10日、60歳の還暦を迎えた当日に恩師“ 萩本欽一 ”氏のユーチューブ生配信番組“欽ちゃん80歳の挑戦!~夢欽月曜日~突然ゲストが記者会見!”で、60歳を機に年内で芸能活動を一区切りとし、来年1月よりロサンゼルスへ語学留学することを発表致しました」と報告していた。
カテゴリ