新木優子「芸能活動を続けてよかった」 子どもの頃からの憧れかなえ“新たな夢”明かす

新木優子「芸能活動を続けてよかった」 子どもの頃からの憧れかなえ“新たな夢”明かす

 俳優の新木優子、ファッションジャーナリストの渡辺三津子氏が9日、都内で行われた「映画『ミセス・ハリス、パリへ行く』(18日公開)特別試写会 with DIOR」に登壇した。



【全身ショット】胸元にはジュエリー…ディオールのオートクチュールで登場した新木優子



 ディオール ジャパン アンバサダーの新木は、ディオールのオートクチュールを着て登場。同作の内容にちなみ、“諦めなくてよかったこと”を問われると「この仕事を続けてよかった」ときっぱり。「みんなが進路に悩む学生時代に、私も芸能活動を続けるかすごく迷ったんです。その時に雑誌のレギュラーモデルが決まったり、ファンの方と会う機会があったりして、顔を見て気持ちを伝えてくれた瞬間に、ずっとこの仕事をしていきたいなと思いました」と振り返った。



 また、かなえたい夢についても聞かれると、「こうやってドレスを身にまとってお仕事をできるようになったというのが、小さい頃からの夢でした」としみじみ。「そしてこれからは、ファッションのすばらしさを次の世代に伝えられるような女性になれたら、また夢がかなったと言えるんじゃないかと思います」と新たな夢を語った。



 同作の舞台は1950年代、ロンドン。戦争で夫を亡くした家政婦ミセス・ハリス(レスリー・マンヴィル)は、ある日働き先で1枚の美しいドレスに出会う。それは、これまで聞いたこともなかった、ディオールのドレス。500ポンドもするというそのドレスに心を奪われた彼女はパリへディオールのドレスを買いに行くことを決意。新しい街、新しい出会い、そして新しい恋など、夢をあきらめなかった彼女に起きる、すてきな奇跡。いくつになっても夢を忘れない―見た人誰もがミセス・ハリスから勇気をもらえるハッピーストーリー。
カテゴリ