“時代のアイコン”伊藤万理華、金髪クールな姿に 最新鋭クリエイター10組と大型書籍『LIKEA』刊行

“時代のアイコン”伊藤万理華、金髪クールな姿に 最新鋭クリエイター10組と大型書籍『LIKEA』刊行

 俳優の伊藤万理華が、クリエイター10組とともに“今の自分”を創作した大型書籍『LIKEA(ライカ)』(PARCO出版)を12月20日に発売することが決まった。金髪クールな表紙デザインをはじめ、スタイリッシュなショットが多数公開された。



【写真】「今の自分」をテーマに様々なファッションを披露する伊藤万理華



 伊藤は、2017年に乃木坂46を卒業後、映画・ドラマ出演にとどまらず、PARCO展『伊藤万理華の脳内博覧会』(2017年)や『HOMESICK』(2020年)を開催するなど、クリエイターとしての才能を発揮。ファッションやカルチャーシーンでも“時代のアイコン”として活躍する。



 そんな伊藤のもとに、今をときめくクリエイター10組がそろった。参加したのは、TEPPEI(スタイリスト)、田中雅也(フォトグラファー)、森岡祐介(ヘアスタイリスト)、田口麻美(メイクアップアーティスト)、根本宗子(劇作家・演出家)、SOMETHING GOING ON/CO¥OTE(漫画家)、井口弘史(グラフィックデザイナー)、田中かえ(イラストレーター)、畑ユリエ(デザイナー)。



 B4判変形・152ページの大型書籍となり、TEPPEIのディレクションによるファッションシューティング40ルック150枚以上をはじめ、根本による書き下ろし新作シナリオ+直筆メモ入り台本、誰も知らない発掘新人漫画家・CO¥OTEによる漫画32ページなど、東京カルチャーの最前線がずらり。



 さらに、ファッションコミュニティ仲間とのプライベートPOP UPレポートと自作のコラージュ作品や、パルコのファッションシンクタンクACROSSの消費生活特別版、多彩なイラストレーションも収録。実兄との音楽対談も実現するなど、怒涛(どとう)の思いが表現された。



 伊藤は“ステートメント”として「何かが生まれる瞬間に自分が少し作用していることも、心の中では大きなことなのかもしれない。好きの対象が一方的な憧れだけじゃなくて、少し触っている感じ、渦中に、近く感じることがうれしいし、これからもそうありたい」とコメントを寄せた。3300円(税込)。
カテゴリ