JO1河野純喜、憧れの鈴木雅之と対談&ハイタッチ 「マーチンって呼んでよ」に感激

JO1河野純喜、憧れの鈴木雅之と対談&ハイタッチ 「マーチンって呼んでよ」に感激

 11人組ボーイズグループ・JO1の河野純喜が、11日発売のファッション誌『ar』12月号(主婦と生活社)に登場。憧れていた歌手の鈴木雅之との対談が実現した。



【動画】夢のような”対談を実施した河野純喜&鈴木雅之



 同誌では昨年からJO1の11人が胸に秘めた「夢」をかなえる連載「JO1 Meets」がスタート。これまでに豆原一成が白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS)、木全翔也が西川貴教、白岩瑠姫がHYDE、與那城奨が山崎まさよし、川西拓実が千葉雄大、金城碧海が武尊、大平祥生が梶裕貴と対談してきた。



 今回の対談は、序盤から「マーチンって呼んでよ」と気さくな鈴木に河野は恐縮&感激しっぱなし。ハイタッチする姿が見られるなど和やかムードで撮影は進んだ。インタビューでは「ずっと愛されるアーティストになるために」「デビュー3年目の今だからこそわかること」など、アーティスト2人の本気トークが繰り広げられ、読み応え抜群の内容となっている。



 同誌公式インスタグラムでは、河野と鈴木による2ショットムービーも公開され、貴重な2ショットに多くのファンからコメントが寄せられている。



 同号にはそのほか、ドラマ『君の花になる』で話題のボーイズグループ・8LOOM、上村ひなの(日向坂46)、指原莉乃、吉野北人(THE RAMPAGE)などが登場。表紙を飾ったのは韓国の5人組ガールズグループ・LE SSERAFIM(ル・セラフィム)。
カテゴリ