新海誠監督『すずめの戸締まり』真夜中の最速上映であいさつ「皆さんが導いてくれた作品」

新海誠監督『すずめの戸締まり』真夜中の最速上映であいさつ「皆さんが導いてくれた作品」

 『君の名は。』(2016年)、『天気の子』(19年)に続く、新海誠監督の3年ぶりとなる最新作『すずめの戸締まり』が本日(11月11日)より公開。日付が変わった午前0時から全国6都市11劇場で最速上映が実施された。その一つ、東京・TOHOシネマズ日比谷・新宿の2劇場に新海監督がサプライズで登場。満席の観客へ向かって「みなさんこんばんは。今日は僕たちにとっても3年に1度のお祭りのような日です。皆さんもそのように思ってもらえているならうれしいです」とあいさつした。



【動画】スペシャル映像「行ってきますPV」



 映画公開時には積極的に全国各地で舞台挨拶を行うほど、ファンを大事にしている新海監督。午後11時過ぎから続々とファンが訪れ、今か今かとスタートを待ちわびていた様子もどこかから見ていたかもしれない。



 舞台あいさつで新海監督は「今日は僕が一人でここに立たせていただいていますが、僕の後ろにはこの映画に心血を注いでくれた何百人のスタッフや、音楽のRADWIMPSと陣内一真さん、声を入れてくれた(原)菜乃華さんや(松村)北斗くんたちキャストの方々がいます。彼らの技を存分に楽しんでください」と、スタッフ・キャストをねぎらった。



 さらに、「『ほしのこえ』という作品から20年が経ちましたが、当時は『すずめの戸締まり』のような作品を作るとは思っていませんでした。こういう作品を作るようになったのは、『君の名は。』『天気の子』でたくさんの観客に巡り合ったことがきっかけだと思います。なので、僕一人で作った作品というよりは、皆さんが導いてくれた作品だと思います。どうぞ楽しんでください」と語った。



 本作は、 ヒロイン・岩戸鈴芽(すずめ/CV:原菜乃華)が「閉じ師」の宗像草太(CV:松村北斗)と出会い、初めて二人で協力して“扉”を閉める場面から物語は大きく動く。二人の前に突然現れた言葉を話す謎の猫・ダイジンによって、すずめが幼少期に使っていた“椅子”に姿を変えられてしまった草太。姿を消したダイジンを捕まえるために走り出す椅子(草太)を追いかけ、すずめの日本各地を巡る“戸締まり”の旅が始まる。



 旅の途中で出逢う人たちとの心温まるエピソード、過保護な叔母・岩戸環(CV:深津絵里)とすずめの関係性、草太が目指す夢や草太の友人・芹澤朋也(CV:神木隆之介)とのやり取り、“扉”から飛び出す“災い”を封じる幻想的な戸締まりなど、さまざまな経験を経て、すずめと草太が成長していく姿が描かれていく。



 圧倒的な作画クオリティと、魅力的なキャラクター達の繊細な心の機微に加え、新海監督作品では類を見ないほどのアクションシーンや、すずめと草太(椅子)の異色の“バディ”が繰り広げる戸締まりの旅の先で知るすずめの真実。上映終了後は涙を流す人もおり、万雷の拍手の中、最速上映は幕を閉じた。



 いよいよ公開となった同作から、最新場面カットも到着。開いてしまった扉を前に驚きの表情を見せるすずめと草太、実家の民宿を手伝う浴衣姿の海部千果(CV:花瀬琴音)、スナックでお客さんとデュエットする二ノ宮ルミ(CV:伊藤沙莉)、突如旅に出てしまったすずめを迎えに来る環、環からの電話を受ける環の同僚の岡部稔(CV:染谷将太)、すずめの前に現れた芹澤、キュートなダイジンに加え、すずめと環の2ショットや、ひょんなことから出会うことになる環と芹澤の2ショットの9点。



 そのほか、先日の『天気の子』の地上波放送の際に一度だけOAされた感涙必至のスペシャル映像「行ってきますPV」が、映画公式YouTube・東宝MOVIEチャンネルにて公開(下段に掲載)。主題歌「すずめ」~「カナタハルカ」のメドレーにのせて紡がれる壮大な約2分のストーリー映像は必見だ。



 本日午後8時よりYoutubeチャンネル「もちまる日記」にて、超人気猫・もちまる(通称・もち様)とのスペシャルコラボ動画も配信決定。キュートかつミステリアスなダイジンがもちまるにしゃべりかける!? 下僕(飼い主)にはまさかの塩対応!? 幸福感で満たされること必至の動画となっている(https://youtu.be/ypbf6xH24uU)。

カテゴリ