スピードワゴン小沢、憧れのパンクヒーロー前にガチガチ「本当に幸せな時間でした」

スピードワゴン小沢、憧れのパンクヒーロー前にガチガチ「本当に幸せな時間でした」

 お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬が11日、都内で行われたドキュメンタリー映画『RIGHTS!パンクに愛された男』の公開初日舞台あいさつに登場し、パンクバンド・CRACK The MARIAN/JUNIORのボーカル・カズキ、亜無亜危異(アナーキー)のボーカル・仲野茂、監督の小島淳二氏、JUNIORのGO!(Tin Whistle)とともにトークを行った。



【写真】憧れのパンクヒーローを前にガチガチだった小沢一敬



 同作の“主人公”であるカズキは「有田焼の窯元のバカ息子の武富です。酒飲みです。パンクバンドやってます」とあいさつし、完成した映画について「こっぱずかしいっちゅうのが一番」と笑顔で感想を語りつつ、「でも、恥ずかしか生き方はしとらんやけん、楽しんでもらえたらうれしい」と率直に語った。「特にまぁパンクとか音楽に興味のなか人でも、こういうバカが大事なもんを持って生きてるっちゅうことが伝わればうれしかと思います」と伝えた。



 カズキと小島監督に呼び込まれる形で、仲野と小沢、GO!が登壇。はじめに映画の感想ではなくカズキへのメッセージを求められた小沢は、思わず「え!?僕からカズキさんへ…ですか?」と困惑。GO!から「カズキくんと話すとき、いつもガチガチだね(笑)」とツッコまれると、小沢は「中学生のときから憧れだった、そして今も憧れているCRACK The MARIANの映画に関わらせていただいて本当に幸せな時間でした」といい、「この間もツアーに行かせてていただいて、きょうのお客さんもそうですけど、いくつになっても不良が集まってるなと。素晴らしい景色でした」と最大の賛辞を贈った。



 仲野は「この映画には一切出ておりません」と笑いを誘いつつ、映画のタイトルにちなみ「“パンクに愛された男”と、“パンクになかなか愛されない男”って対比で呼ばれたんだと思います」と舌好調。その上で「なかなか激動の人生を送っているんだなと。面白かったです」と素直に伝えた。



 その後、イベントはカズキへの質問コーナーへ移行し、仲野がカズキと出会った当時のことを回顧しながらイジる場面や、GO!が「僕は(質問)ないです!」ときっぱり言い切ったりと、会場はアットホームな雰囲気に包まれた。そんな中、小沢だけは変わらずの様子で、「飲み屋でするような質問でもいいですか?」「カズキさんがSEX PISTOLSで一番好きな曲はなんですか?」とガチのファン目線で質問を投げかけた。



 これにカズキが「最初にバンドでコピーしたのは『No Feelings』」と答えると、小沢は「僕も『No Feelings』が一番好きなんです!うれしい!」と大喜び。しかしすぐに我に返り「すみません…」と照れ笑いを見せた。



 映画は、パンクバンド・CRACK The MARIANとJUNIORでボーカルを務めるカズキの半生を追ったドキュメンタリー作品。佐賀県有田町で有田焼製造会社を経営する窯元の家に生まれたカズキは、パンクロックの衝動的な音楽とビジュアルに心を奪われ、友人とバンドを組んで上京。CRACK The MARIANとしてのメジャーデビューなどを経て、56歳になった現在もパンクロッカーを続けている。一方で、実家の会社は兄の代で経営が傾き、カズキが急きょ引き継ぐことになった。有田町へ帰郷して昼は社員とともに工場で働き、夜は作詞作曲をしながら、不平等な社会の歪みをユーモアを交えて歌い続ける。そんなカズキに影響を受けた著名人のインタビューなどを通し、その魅力に迫るという内容。監督は『形のない骨』の小島氏が務めた。
カテゴリ