藤田ニコル、『ポケモン』視聴で涙 サトシ世界王者の姿に「アニポケ見て号泣」写真を投稿

藤田ニコル、『ポケモン』視聴で涙 サトシ世界王者の姿に「アニポケ見て号泣」写真を投稿

 人気アニメ『ポケットモンスター』(公式略称:アニポケ テレビ東京系 毎週金曜 後6:55~)第132話が本日11日に放送された。主人公・サトシ(10)が、ポケモンバトル最強を決める大会「ポケモンワールドチャンピオン シップス」決勝戦の相手・無敗の絶対王者であるダンデを倒し、世界王者に輝いた。サトシは、1997年に始まったアニメシリーズを通して25年越しに悲願の世界王者となり、番組を見ていたポケモン好きとして知られるタレントの藤田ニコルは、自身のツイッターを更新し、サトシの勇姿を見て涙を流したことを報告した。



【写真】ガチ泣き…『ポケモン』見て号泣する藤田ニコル



 ツイッターでは「アニポケ見て号泣してたのは私です はぁ、、今からまた別の仕事だけど今頭の中アニポケでいっぱい。。#サトシ世界チャンピオンおめでとう」とし、世界王者となったサトシの姿に涙を流す自身の写真を投稿した。



 アニメ『ポケットモンスター』が始まったのは1997年。カントー地方・マサラタウンで育ったサトシは、相棒のピカチュウとともに“ポケモンマスター”を目指し旅に出ており、そして、各地方で行われているポケモンバトルの大会“ポケモンリーグ”に過去計7回出場し、アローラ地方で行われた“アローラリーグ”(2019年)で22年越しにリーグ初優勝を飾っていた。



 今回、サトシが参加した大会「ポケモンワールドチャンピオン シップス」は、ポケモンバトル最強を決める大会で、各地方のリーグでチャンピオンクラスの実力を持つトレーナーが勢ぞろい。その中に、アローラリーグ初代チャンピオンのサトシも予選を勝ち上がり参戦しており、第1試合のダイゴ、第2試合のシロナを倒し決勝へ。ダンデ相手の決勝戦は、6対6のフルバトルで始まり、最後はダンデのエースポケモン・リザードンと、サトシの相棒・ピカチュウが激突。最後の力を振り絞り立ち向かったサトシとピカチュウがダンデとリザードンを倒して、世界最強のポケモントレーナーとなった。



■サトシのポケモンリーグ(大会)成績

ポケモンリーグ・セキエイ大会 ベスト16

ジョウトリーグ・シロガネ大会 ベスト8

ホウエンリーグ・サイユウ大会 ベスト8

シンオウリーグ・ズズラン大会 ベスト4

イッシュリーグ・ヒガキ大会 ベスト8

カロスリーグ・ミアレ大会 準優勝

アローラリーグ・優勝

ポケモンワールドチャンピオンシップス・優勝
カテゴリ