山田裕貴、映画『夜、鳥たちが啼く』で挑んだ生々しい人間の姿

山田裕貴、映画『夜、鳥たちが啼く』で挑んだ生々しい人間の姿

 俳優の山田裕貴が主演映画『夜、鳥たちが啼く』(12月9日公開)で新たな顔を見せてくれそうだ。



【動画】映画『夜、鳥たちが啼く』予告編



 同映画は、『そこのみにて光輝く』『オーバー・フェンス』などの原作者として知られる作家・佐藤泰志の同名短編小説(所収:「大きなハードルと小さなハードル」河出文庫)を、『アルプススタンドのはしの方』『愛なのに』『女子高生に殺されたい』『ビリーバーズ』などを手がけた城定秀夫監督が映画化。



 山田が演じる主人公・慎一は、若くして小説家デビューを果たしたものの、それ以降は鳴かず飛ばずで「世間では忘れられた存在」となった小説家。傷つきやすく繊細で、必死に創作活動にしがみつく日々だったが、うまく行かない苛立ちを他人にぶつけ、同棲していた恋人からも愛想をつかされてしまう。一人残された慎一は、取り憑かれたかのように夜な夜な執筆活動を続けることで自分を保とうとするも、鬱屈とした想いを抱えたまま満たされない孤独な時間が続くことで、抑えきれない衝動と葛藤を抱え込み、心の闇を深めていく。



 そんな中、幼い息子のアキラを連れて離婚し、行き場を失っていた裕子(松本まりか)が慎一の元へ引っ越してくることになる。裕子とアキラに自宅を提供し、自身は離れのプレハブで暮らすという、いびつな「半同居」生活。お互いにとって心地よい距離を保ちながら、アキラとともに穏やかな日々を重ね、暗闇に囚われていた慎一の心境にも変化が訪れる。



 劇中では、疑心暗鬼にかられ、元恋人とのトラブルを抱えた慎一が血まみれで泣きじゃくる衝撃的なシーンや、ビール瓶を抱えて虚ろな表情で座り込みむ、闇落ちした慎一の姿を体現。夜な夜な執筆活動に励む姿や、松本演じる裕子の様子をカーテンの隙間から覗く怪しげな場面もある。



 山田は、慎一を演じるにあたり「喜怒哀楽だけじゃなく、間とか表情の機微が重要になる作品だと思っています。芝居の中での感情を逃さず、人が思っていることはひとつだけじゃないという事も踏まえて、細かく丁寧に演じていきたい」と、撮影に臨み、完成した作品を観て、「こんな細やかで、繊細でそして緻密な人間の本当の温度や、間、呼吸、音を感じることができ、『こんなお芝居がやりたかったんだ!!』と何度も叫びました」と、これまでにない自身の新境地といえる芝居の手応えも感じられたそう。



 今まさに脂の乗った最旬俳優として、数々の話題作に出演し続ける山田。男気あふれる不良少年から、心に闇を抱えた聖職者、はたまたごく平凡な人の良い若者まで、演技の振れ幅を広げ、強度は増すばかり。山田が演じた陰のある穏やかさと鋭い暴力性、相反するどうしようもない感情を抱えながらも、なんとか生きていこうともがく生々しい人間の姿から、自分は何を感じるのか、劇場で確かめてほしい。
カテゴリ