脳人の監察官、ソノシ登場 ソノイとは学生時代から因縁の“最高にイヤなヤツ” 演じるのは廣瀬智紀

脳人の監察官、ソノシ登場 ソノイとは学生時代から因縁の“最高にイヤなヤツ” 演じるのは廣瀬智紀

 破天荒な展開で話題のスーパー戦隊シリーズ最新作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』(毎週日曜 前9:30、テレビ朝日系)11月20日放送のドン37話から個性の強過ぎる新キャラクター・ソノシが登場する。名前からわかるとおり、ソノシもソノイ(富永勇也)、ソノニ(宮崎あみさ)、ソノザ(タカハシシンノスケ)と同様、ドンブラザーズの宿敵・脳人の一員だが、仲間同士にも関わらず、なぜかソノイらはソノシを前に複雑な表情を浮かべる。なぜソノシは現れたのか、そしてソノイらとの関係は。



【写真】“最高にイヤなヤツ”の脳人の監察官、ソノシ登場



 『ドンブラザーズ』は、昔話の「桃太郎」をモチーフに、ドンモモタロウ/桃井タロウ(樋口幸平)、サルブラザー/猿原真一(別府由来)、オニシスター/鬼頭はるか(志田こはく)、イヌブラザー/犬塚翼(柊太朗)、キジブラザー/雉野つよし(鈴木浩文)、ドンドラゴクウ/桃谷ジロウ(石川雷蔵)の6人が活躍するヒーロー番組。



 気になる新キャラクター・ソノシを演じるのは、廣瀬智紀。劇団☆新感線の『髑髏城の七人 Season月』をはじめ、『鬼滅の刃 其ノ弐 絆』などの舞台や、『映画刀剣乱舞』、『HERO 2020』などの映画やドラマに多数出演している廣瀬が、ドンブラザーズワールドに新加入。強烈な個性で物語をかき回す。



 そんな廣瀬演じるソノシは、フード付きの黒いマントに身を包み、金色に輝く仮面、真っ赤なリップ、そして女性っぽい口調と、登場シーンからインパクト最強。さらに黒のマントを脱ぎ捨てると、真っ赤なジャケットに真っ赤な靴と、ド派手の極みといえるビジュアルで驚かせる。



 密かに脳人のメンバーやドンブラザーズのメンバーを観察し続けるソノシだが、その正体は脳人の監察官。脳人と宿敵・ドンブラザーズの戦いぶりを調査するために、派遣されてきたソノイらの上官となる。“一刻も早くドンブラザーズと決着をつけなければ、地獄の懲罰が待っている”と、上から目線のソノシにプレッシャーを掛けられたソノイたちは文句たらたら。しかも、そんな“最高にイヤなヤツ”ソノシとソノイには何やら学生時代からの因縁があるという。



 そんな中、極度の潔癖症・ソノシは、オカリナを吹き鳴らして工作員・アノーニを招集。無実の人々を消滅させながら街中を消毒して回るなど、横暴な振る舞いでやりたい放題。「ソノシは脳人の恥」と頭を抱えるソノイだが、地獄の懲罰を回避すべく、改めてドンブラザーズとの決闘に挑むことになる。



 ソノシたっての希望で、脳人のメンバーが披露する戦い前の“名乗り”、武器となるタガー風の短剣・クナイなど、見どころ満載。「ネチネチとなかなか嫌~な感じで演じていますが、闘う時はカッコよくしたい」「変身体の異常なカッコよさ、自分で提案した変身ポーズにも注目してほしい」という廣瀬の言葉のように、変身前も変身後もド派手でかっこいいけど、何だか不思議な男・ソノシが登場するドン37話は必見だ。



■廣瀬智紀コメント

――『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』に出演が決まった時の気持ちを

【廣瀬】今回のスーパー戦隊オーディションにも参加させていただいていたので、「戦隊ファミリーの一員になりませんか?」とお声を掛けていただいて純粋にうれしかったです。今もまだどこか夢見心地といいますか、オンエアを見るまでおそらく実感がわかないと思います。



――スーパー戦隊シリーズに対する思いを

【廣瀬】役者を始めてから目標のひとつとして、いつかはスーパー戦隊シリーズに出演したいと思っていました。時を経て、このようなご縁をいただけたことにとても驚いています。熱い。やはりいくつになってもスーパー戦隊シリーズは特別です。こどもの頃、夢中で『恐竜戦隊ジュウレンジャー』や『忍者戦隊カクレンジャー』を見ていた私に、「やったね! 君は面白い人生を歩むよ、楽しめ!」と伝えてやりたいです。



――ドンブラザーズや脳人を演じるメンバーの印象、記憶に残っている撮影現場でのエピソードなどを

【廣瀬】皆さんがとっても優しく、温かく迎えてくださいました。なかでもタロウ役の樋口くんは、「これで俺とあんたは縁ができたな」と言わんばかりにしょっぱなから距離感が近く、とてもありがたかったです。これが桃井タロウ、レッドの器か…と感心したのを覚えています。また、ソノイ役の富永くん、ソノザ役のタカハシくんはオフにも関わらず、私の衣装合わせに顔を出し、いろいろお話をしてくれました。いい歳した大人なので現場では粛々と撮影に臨んでおりましたが、内心「うわぁ、テレビで見ていたあのドンブラザーズだよ」「脳人だ~、やばい目の前で戦ってるよ」「これが戦隊っ、すごい、すごいよ、やばいよぉー」と浮つき、はしゃぎ倒していました、すみません(笑)。



――廣瀬さんが演じられるソノシの注目ポイントを

【廣瀬】なぜか誰よりもレッドな衣装、耳たぶの金粉、小道具の多さ、そして変身体の異常なカッコよさです(笑)! 変身ポーズも現場で自分が提案したものを採用していただいたので、そちらも注目していただきたいポイントです。ネチネチとなかなか嫌~な感じで演じていますが、闘う時はカッコよくしたいな~なんて、メリハリを大事に演じております。隅々まで楽しんでいただけたらうれしいです。



――視聴者にメッセージを

【廣瀬】話したいことがあふれてこちらにやってきました。実はクランクインの日が台風直撃だったんですよ! 作品の新しい風としては「嵐を呼んだ! 連れてきた!」ということでインパクトはあったはず、しかし撮影現場的には…(泣)。兎にも角にも、熱量高く作り上げてこられた『ドンブラザーズ』の世界観を大事に、より一層視聴者の皆さんに楽しんでいただけるよう、脳人・ソノシとして一緒に盛り上げていけたらと思っておりますので、応援していただけたら幸いです。
カテゴリ