映画『東京リベンジャーズ』続編、2部作で来年GW&夏に公開 「血のハロウィン編」場地&一虎&千冬が登場

映画『東京リベンジャーズ』続編、2部作で来年GW&夏に公開 「血のハロウィン編」場地&一虎&千冬が登場

 人気漫画『東京卍リベンジャーズ』の実写映画『東京リベンジャーズ』(東リベ)の続編が、「血のハロウィン編」を題材に前編・後編2部作で制作されることが14日、発表された。前編『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』が2023年のゴールデンウイーク、後編『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』が2023年夏に公開される。



【動画】似合いすぎ!マイキー&ドラケン姿の吉沢亮&山田裕貴 公開された『東リベ』続編制作決定PV



 原作コミックス4~8巻で描かれている「血のハロウィン編」は原作、アニメでも人気のエピソード。凶悪化した東京卍會によってタケミチの目の前で再び、ヒナタが殺されてしまい、タケミチは過去に戻り、ヒナタを救う鍵となる東卍結成メンバー6人を引き裂く“悲しい事件”に迫るというストーリー。



 タケミチ、マイキー、ドラケンら主要キャラクターに加え、場地圭介、羽宮一虎、松野千冬といった新キャラクターも登場し、それぞれの信念をもった男たちの熱い生き様が描かれる。なお、タケミチ役の北村匠海、ドラケン役の山田裕貴、マイキー役の吉沢亮らは前作に引き続き出演し、新キャラを含めた今後の追加キャスト情報は追って発表される。



 同作は『週刊少年マガジン』(講談社)で2017年より連載中の人気漫画が原作で、主人公で人生どん底のダメフリーター花垣武道(タケミチ)が、ある日、中学時代に付き合っていた人生唯一の恋人・橘日向(ヒナタ)が最凶最悪の悪党連合“東京卍會”に殺されたことを知る。



 そして、事件を知った翌日、何者かに背中を押され線路に転落し、死を覚悟したが、目を開けるとなぜか、人生のピークだった12年前の中学時代にタイムリープしていた。そこでタケミチは、恋人を救うため、逃げ続けた自分を変えるため、人生のリベンジを開始するストーリー。



 コミックス累計発行部数は6500万部を突破する人気作で、テレビアニメが2021年4月~9月にかけて“8・3抗争編”“血のハロウィン編”が放送、続編となる第2期“聖夜決戦編”が2023年1月より放送されることが決まっている。



 2021年7月に実写映画が公開され、北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮といった人気キャストが出演。最終興行収入45億円、観客動員数335万人を記録し、2021年劇場用実写映画No.1の大ヒット作となった。

カテゴリ