『すずめの戸締まり』新海誠監督史上No.1のロケットスタート 3日間で興行収入18億円超え

『すずめの戸締まり』新海誠監督史上No.1のロケットスタート 3日間で興行収入18億円超え

 『君の名は。』(2016年)、『天気の子』(2019年)に続く、新海誠監督の3年ぶりとなる最新作『すずめの戸締まり』が11日に公開され、13日まで3日間で計133万1081人を動員、興行収入18億8421万5620円を記録したことがわかった。



【写真】作画がすごい…!すずめ&草太らの場面カット



 今作は日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる“扉”を閉めていく旅をする少女・すずめの解放と成長を描く冒険物語。



 オーディションで選ばれた原菜乃華が九州で暮らす17歳の女子高生・岩戸鈴芽(いわと・すずめ)を、松村北斗(SixTONES)が “災い”をもたらす扉を閉める「閉じ師」の青年・宗像草太(むなかた・そうた)を演じること、新海作品3作連続でタッグを組むRADWIMPSが、世界で活躍する映画音楽作曲家・陣内一真と共作で音楽を担当。主題歌「すずめ」を歌うのはオーディションで見出された神秘的な雰囲気と透き通る繊細な歌声が魅力的な十明(とあか)が務め、大きな話題と期待を集めていた。



 初日は全国6大都市11劇場にて0時からスタートした最速上映に加え、夕方には原、松村、深津らキャスト陣と新海監督が登壇して舞台あいさつを実施。全国420館(IMAX41館含む)で公開さあれた。



 公開3日間で『君の名は』(2016年公開・興収250.3億円)対比で観客動員数138.7%、興行収入147.4%を、『天気の子』(2019年公開・興収141.9億円)対比で観客動員114.9%、興行収入114.7%を記録。新海誠監督作品史上No.1のロケットスタートを記録した。



 アンケートによると、映画の満足度94.5%と非常に高い数値を示しているほか、新海監督作品史上最多となる世界199の国と地域での配給も決定しており、世界をまたにかけた息の長い興行が期待されている。
カテゴリ