男闘呼組・前田耕陽、“新曲構想”明かす「作ってもいいんじゃないか」来年9月以降の活動継続にも含み

男闘呼組・前田耕陽、“新曲構想”明かす「作ってもいいんじゃないか」来年9月以降の活動継続にも含み

 29年ぶりに再結成したロックバンド・男闘呼組の前田耕陽(54)が14日、大阪市内でライブ『男闘呼組1988』追加公演に向けた取材会を行い、“新曲構想”を明かした。



【全身ショット】黒のジャージ姿で登場した男闘呼組・前田耕陽



 男闘呼組は、成田昭次(リードギター、54)、高橋和也(ベース、53)、岡本健一(サイドギター、53)、前田(キーボード)による4人組。1988年に「DAYBREAK」でデビュー。同年の『日本レコード大賞』最優秀新人賞を受賞し、『NHK紅白歌合戦』に88年、89年と2年連続で出場するなど、数々のヒットを飛ばした。93年6月末で活動休止したが、今年7月にTBS『音楽の日2022』で1年限定での再活動を発表し、10月15日・16日には東京で再結成ライブを行った。



 再結成ライブを振り返り、前田は「4人が集まって演奏するのをこんなに大勢の人たちが待っていてくれたんだなと感じた。本当に再活動してよかった」と感無量の様子。「(ステージに)出ていった瞬間から涙ぐんだお客さんがいらっしゃって、それを見てこちらも感極まった」と喜びを語った。



 その後は「1週間ぐらい放心状態だった」といい、ほかのメンバーからも「俺もだよ」と同じ反応があったという。一方、「1曲ぐらい新曲を作ってもいいんじゃないか、今の男闘呼組でできる範囲で」と盛り上がっていることを明かした。



 年内は、名古屋国際会議場センチュリーホール(12月15日)、大阪城ホール(同17日・18日)、東京ガーデンシアター(同26日・27日)で追加公演が決定。来年についても「待ってくれているところをいくつか回ろうかと思う」とし、8月までは「とりあえず精一杯」活動を約束した。その上で、その後については「どうする?ってなるかもしれません」と含みをもたせた。
カテゴリ