『PICU』“しこちゃん先生”吉沢亮の提案に感謝の声「すごく頼りになってきた!」

『PICU』“しこちゃん先生”吉沢亮の提案に感謝の声「すごく頼りになってきた!」

 俳優・吉沢亮が主演を務める、フジテレビ系月9ドラマ『PICU 小児集中治療室』(毎週月曜 後9:00)の第6話が、きょう14日に放送された。志子田武四郎(吉沢)や綿貫りさ(木村文乃)らPICUのメンバーが、拡張型心筋症の子供・小松圭吾くん(柊木陽太)と向き合った。



【画像】安田顕が真剣に話し合い…月9『PICU』第6話カット



 同作は、小児専門の集中治療室「PICU」をテーマにしたメディカル・ヒューマンドラマ。広大ゆえ「大規模なPICUの運営は極めて困難」と言われる北海道で、主人公の小児科医・武四郎が先輩医師と共に、どんな子どもでも受け入れられるPICUを作るため、そして1秒でも早く搬送できる医療用ジェット機の運用を実現するために奔走する姿を描く。



 6話では、ずっと意識がない状態が続いていた圭吾くんが目を覚ました。心不全の憎悪を何度も経験している圭吾くんは、心臓移植が必要だが、希望しておらず、移植待機の登録もしていなかった。そんな圭吾くんの思いに気付いた武四郎は、圭吾くんのために、バスツアーを実行した。



 バスツアーの最後には、幼なじみの同級生・藤原優里(稲垣来泉)をはじめ友だちが大集合。心を動かされた圭吾くんは「やっぱり俺、心臓移植したい。心臓をくれる子の分も長く生きたいと思う」と言葉にした。



 視聴者からは、武四郎の提案に「しこちゃん先生、ありがとう」「しこちゃん先生は、子どもに寄り添える先生だね」「しこちゃん先生がすごく頼りになってきた!」「圭吾くんが前向きになってくれて 良かった」「子どもと同じ目線に立つということがどういうことなのかわかったような気がします」といった声が寄せられた。
カテゴリ