『科捜研の女』後半戦突入の第5話 “シリーズ最強の敵”再登場に沢口靖子「同じ価値観を持っていたかも」

『科捜研の女』後半戦突入の第5話 “シリーズ最強の敵”再登場に沢口靖子「同じ価値観を持っていたかも」

 俳優・沢口靖子主演の連続ドラマシリーズ『科捜研の女2022』(毎週火曜 後9:00)の第5話が、きょう15日に放送される。今回、“目撃者”は1匹のサル…というなんとも異様な殺人事件が発生。捜査を進める榊マリコ(沢口)たちの前に“シリーズ最強の敵”天才物理学者・古久沢明(石黒賢)がまたしても立ちはだかる。



【写真】モード感あふれる髪型に一新!スタイリッシュに決める榊マリコ役の沢口靖子



 第5話でマリコたちが挑むのは、深夜、大学の“動物音声学研究室”で助教の男性が何者かに襲われて死亡した事件。死亡推定時刻の防犯カメラは消去されており、犯人を目撃したのは研究用に飼育されていた1匹のサルだけ、という異様な状況であることが明らかになる。やがて、被害者がかつて古久沢の研究室に在籍し、古久沢への恨みを募らせていた事実が浮上。またしても捜査の先に透けて見えてくる、古久沢の影。彼は事件とどうつながっているのか。真相を追うマリコたちは、やがて壮大な闇へと行きつく。



 古久沢は初回2時間スペシャルで描かれた“連続人体発火事件”で、犯人を知りながらも科学の発展のため隠避した男。「研究を阻む者は、未来の人類にとって害悪でしかない」という信念を持ち、“心情”という不確かな要素を糸口に捜査に当たるマリコに対して、「科学者として醜悪」と冷酷な言葉をぶつけていた。



 そんな古久沢が第5話で再び舞い戻ってくると聞いたとき、沢口は「因縁の相手が今回どのように事件に関わっているのか、再登場に胸騒ぎがし、心して挑みたいと思いました」と、決意をもって撮影に臨んだことを告白。また、100%科学を信じ切っていたかつてのマリコを振り返り、古久沢の存在は「マリコにとっては、もし科学一辺倒だった若い頃の自分のままだったなら、同じ価値観を持っていたかもしれないと考えると、戦慄を覚えてしまう人物」とも分析する。マリコは古久沢に憤りを感じながら、内なる自分を見つめていることも考察した。



 そして、今夜の第2ラウンドに向けて、「価値観の違う科学者同士、お互いの正義をめぐってぶつかり合います。はたしてマリコは今回決定的な物証を突きつけることができるのでしょうか」と見どころをアピールした。
カテゴリ