映画動員ランキング:1位『すずめの戸締まり』、2位『ブラックパンサー』初登場

映画動員ランキング:1位『すずめの戸締まり』、2位『ブラックパンサー』初登場

 最新の全国映画動員ランキングトップ10(11月12日・13日、興行通信社調べ)は、新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』が、土日2日間で動員98万3000人、興収13億8600万円をあげ、ダントツの初登場1位を飾った。



【画像】2位『ブラックパンサー』などTOP10入り作品



 日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる“扉”を閉めていく少女・すずめの解放と成長を描いた冒険物語。1700人を超えるオーディションから抜擢された原菜乃華が主人公・岩戸鈴芽の声を担当し、扉を閉める旅を続ける“閉じ師”の青年・宗像草太役を松村北斗(SixTONES)が務め、深津絵里、染谷将太、伊藤沙莉らも声優として参加している。



 11日からの公開3日間の累計成績(11月7日実施のIMAX先行上映分含む)は、動員133万人、興収18億8400万円となり、この成績は『君の名は。』(興収250.3億円)対比で動員138.7%、興収147.4%、『天気の子』(興収141.9億円)対比で動員114.9%、興収114.7%と、新海監督作品史上ナンバーワンのロケットスタートとなった。今後、世界199の国と地域での配給も決定している。



 2位には、マーベル・シネマティック・ユニバースの1作として世界的ヒットを記録した「ブラックパンサー」の続編『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』が、土日2日間で動員20万1000人、興収3億2700万円をあげ初登場。公開3日間の累計成績は、動員30万人、興収4億9000万円を超えている。偉大な王/ブラックパンサーを失ったワカンダに、海帝国の王ネイモアの脅威が迫る。ライアン・クーグラーが引き続き監督を務め、レティーシャ・ライト、アンジェラ・バセットらが続投している。



 公開15週目を迎えた『NE PIECE FILM RED』は3位となったが、累計成績は動員1316万人、興収182億円を突破。『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ』は、公開11週目ながら4位にランクインした。5位の『カラダ探し』は、累計で動員83万人、興収10億円を突破した。



 新作では、中江裕司監督が沢田研二を主演に迎え、水上勉の料理エッセイを原案とした『土を喰らう十二ヵ月』が7位に、井上荒野の同名小説を寺島しのぶと豊川悦司共演で廣木隆一監督が映画化した『あちらにいる鬼』が9位にランクインした。



■全国映画動員ランキングトップ10(11月12日・13日)

1(NEW)すずめの戸締まり(公開週1)

2(NEW)ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(1)

3(1↓)ONE PIECE FILM RED(15)

4(8↑)劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ(11)

5(2↓)カラダ探し(5)

6(3↓)劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ(4)

7(NEW)土を喰らう十二ヵ月(1)

8(5↓)貞子DX(3)

9(NEW)あちらにいる鬼(1)

10(9↓)RRR(4)

※11(7↓)チケット・トゥ・パラダイス(2)
カテゴリ