EXITりんたろー。驚異の執筆スピードに担当者驚き「こんなに速い人初めて」

EXITりんたろー。驚異の執筆スピードに担当者驚き「こんなに速い人初めて」

 お笑いコンビ・EXITのりんたろー。(36)が15日、自身初の著書『自分を大切にする練習 コンプレックスだらけだった僕が変われたすべてのこと』(講談社)の発売記念会見に出席した。



【写真】鮮やかなグリーンコーデで指ハートを決めるりんたろー。



 りんたろー。は、11日に発売を迎えた本書について「まずはほっとしたという気持ちですが、一つ形になったというのはうれしいですね」と著書が刊行された喜びを語る。



 りんたろー。は、自分の気持ちを伝える上で、文章を書くのが一番得意だという。「あんまり自分の気持を話すことが得意ではないっていうのと、テレビの与えられた時間の中で表現しないといけなかったり、ネットニュースで一部だけが切り取られてしまうという中で、自分の気持ちを余すことなく語れるのが文章だった」と本書を執筆したきっかけを明かした。



 執筆にあたり、苦労した点はあまりなかったというが、「移動中とか空き時間にとにかく書いていたので、スケジュールは少し大変だったかな」と話すと、本書の担当者から「いろんな書籍を担当してきましたけど、こんなにレスポンス速い人はいないっていうくらい、ポンポン原稿が送られてくる」と驚きの声が。真面目っぷりを発揮したりんたろー。だが、「チャラ男なんで、そこは手と筆が早いということで」とすぐさまチャラ男ネタを入れ、笑いを誘った。



 同書は、自分を見失っていたEXIT結成前のこと、芸人をやめようとしたときに救ってくれた同期と先輩のこと、彗星のごとく目の前に現れた相方・兼近大樹のこと、美容芸人と容姿いじりのこと、芸人として売れるということ、売れ続けるということなど自身の内面と向き合い続けた道程を赤裸々に書き下ろした自伝エッセイとなっている。



 また、「美容は心を鍛えるための最強のツールだ」と語るりんたろー。が、美容初心者に提案するセルフケア32のアイデアを収録している。1日でも長く漫才師として活躍したいと考えるりんたろー。が紡ぐ“心を鍛える物語”になっている。
カテゴリ