【紅白】TWICE、IVE、LE SSERAFIM出場が決定 韓国発グループ複数組は11年ぶり

【紅白】TWICE、IVE、LE SSERAFIM出場が決定 韓国発グループ複数組は11年ぶり

 大みそか恒例の『第73回NHK紅白歌合戦』(後7:20~11:45 総合ほか)の出場歌手が16日、発表され、韓国の芸能事務所に所属するガールズグループ・TWICE、IVE(アイヴ)、LE SSERAFIM(ル セラフィム)の3組の出場が決定した。TWICEの出場は3年ぶり4回目。IVE、LE SSERAFIMはともに初出場となる。



【一覧】『第73回NHK紅白歌合戦』出場歌手 これまでの出場回数も



 TWICEは2017年6月28日、ベストアルバム『#TWICE』で日本デビューし、今年で5周年を迎えた。紅白には2017~19年まで3年連続で出場していたが、今回3年ぶり4回目の出場が決まった。



 IVEとLE SSERAFIMは、2021年4月28日をもって活動を終了したIZ*ONEのメンバーが所属している共通点がある。6人組のIVEには、元IZ*ONEのユジンとウォニョンが在籍しており、2021年12月1日に韓国でデビュー、今年10月19日に日本デビューした。



 5人組のLE SSERAFIMには、元IZ*ONEのKIM CHAEWON(キム・チェウォン)とSAKURA(宮脇咲良)が在籍。今年5月2日に韓国でデビューしたばかりで、日本デビュー前に初紅白を決めた。韓国の事務所に所属するグループが複数組出場するのは、東方神起、少女時代、KARAの3組が出場した2011年(第62回)以来、11年ぶりとなる。



 少女時代やKARAら、いわゆる“K-POP第2世代”が日本で大ブームとなった頃とは異なり、3組に共通するのは日本人メンバーが在籍していること。第3世代のTWICEは、9人のうちモモ、サナ、ミナの3人が日本人。第4世代をけん引する6人組のIVEはレイ、5人組のLE SSERAFIMはSAKURA、KAZUHAの2人が渡韓して活躍し、日本のファンからも支持されている。



■『第73回NHK紅白歌合戦』出場歌手一覧(カッコ内は出場回数)



【紅組】

IVE(初)

あいみょん(4)

石川さゆり(45)

ウタ(初)

Aimer(初)

工藤静香(9)

坂本冬美(34)

篠原涼子(2)

Superfly(6)

SEKAI NO OWARI(6)

天童よしみ(27)

TWICE(4)

NiziU(3)

乃木坂46(8)

Perfume(15)

日向坂46(4)

MISIA(7)

水森かおり(20)

milet(3)

緑黄色社会(初)

LE SSERAFIM(初)



【白組】

Official髭男dism(3)

関ジャニ∞(11)

KinKi Kids(2)

King & Prince(5)

King Gnu(2)

郷ひろみ(35)

Saucy Dog(初)

JO1(初)

純烈(5)

鈴木雅之(5)

SixTONES(3)

Snow Man(2)

なにわ男子(初)

Vaundy(初)

BE:FIRST(初)

福山雅治(15)

星野 源(8)

三浦大知(4)

三山ひろし(8)

山内惠介(8)

ゆず(13)
カテゴリ