俳優・遠藤要、格闘技挑戦を表明「今までやっていた役者の根性を見せようかな」 高岡蒼佑の誘い受け決意

俳優・遠藤要、格闘技挑戦を表明「今までやっていた役者の根性を見せようかな」 高岡蒼佑の誘い受け決意

 俳優の遠藤要(38)が17日までに自身のインスタグラムを更新。元俳優の高岡蒼佑(40)に誘いにより格闘技に挑戦することになったと明かした。



【写真】格闘技へ導いた高岡蒼甫との2ショットとともに…意気込みを語った遠藤要



 遠藤は11日、しばらく更新していなかったインスタグラムに映画『クローズZERO』で共演した高岡との2ショットを掲載。「来年新しい挑戦にいどむ エネルギーを放出する場所 想いよ届け」とつづり、「#格闘技」「#競拳」をハッシュタグを付けた。



 14日の投稿では「23年1月7日の試合まで約2ヶ月」とし、減量のため情緒が不安定になっていると説明。「映画でもドラマでも舞台でも味わった事のない感覚 芝居は台本をもらってから台詞(せりふ)に命を吹き込む形で役とは向き合うけど…こんなに自分と向き合ったのって何時ぶりだろ? 自分は踏み台を外して地より下に落ちてしまった人間だけど前だけを見て泥臭くてもしっかりと一歩一歩この長い人生(道のり)を歩んで行こうと思うよ」と力強く意気込んだ。



 その後、高岡のYouTubeチャンネルに投稿された動画で、遠藤が高岡に誘われて格闘技に挑戦することになった経緯を説明。その上で、来年1月7日に大阪で行われる格闘技イベント『競拳』に出場することを表明した。遠藤は「正直怖いです」と本音を漏らしつつ、「やると決めたからにはやるから後悔はないんだけど、負けたらダサいかもしれないけど、負けてもいいから出るよ。それまでの持って行き方に、今までやっていた役者の根性を見せようかなと思う」と決意を語った。



 遠藤はきのう16日、自身のインスタグラムに「そおちゃんから格闘技の試合の話をもらってから1日1日が滝のように流れの速さを感じるよ 正直焦るね」とつづり、心境を吐露。対戦相手は22歳の格闘技経験者だそうで、「怖いなwまだ見ぬ相手選手に敬意を払ってどうぞ宜しくお願いします」とメッセージを送っていた。



 遠藤は2017年、一部週刊誌で違法賭博を行ったと報じられて謹慎するなどし、俳優業から遠ざかっていた。
カテゴリ