WOWOW×SPE×クランチロール、3社共同でオリジナルアニメ製作プロジェクト

WOWOW×SPE×クランチロール、3社共同でオリジナルアニメ製作プロジェクト

 WOWOW、ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント(以下、SPE)、米アニメ配信大手のクランチロールの3社共同による大型オリジナルアニメ製作プロジェクトが発表された。第1弾として、冲方丁原作のアクションファンタジー『ばいばい、アース』がアニメ化される。



【画像】原作者の冲方丁氏と原作『ばいばい、アース』書影



 WOWOWは、国内外の映画、音楽ライブ、海外ドラマ、世界のトップスポーツ、アニメ、そしてオリジナルドラマなどのエンターテインメントを有料で提供する民間衛星放送局。現在「WOWOWプライム」等4チャンネルに加え、「WOWOWオンデマンド」で番組を放送・配信している。



 クランチロールはSPE傘下のアニメ配信サービスで、日本国外世界200以上の国や地域でコンテンツ配信を行い、広告モデルによる無料配信のほか有料配信、イベント、劇場版アニメ、ゲーム、グッズ、マンガ出版を通してアニメコミュニティを創出している世界最大級のプラットフォーム。



 今回の3社間のパートナーシップによって、各社がこれまで蓄積したノウハウや知見を生かしながら、ドラマ性が高く日本および世界中の視聴者を視野に、アニメシリーズの企画開発・製作を共同で行く、としている。



 WOWOWでの放送・配信に加え、ソニー・ピクチャーズ、クランチロールと連携して、北米・欧州・アジア全域を中心とした200以上の国や地域への海外展開とともに、映画、ゲーム、グッズ化などの多角展開や、ファンとのコミュニケーションの場を創出する体験型コミュニティ施策などを行っていく。



■第1弾『ばいばい、アース』



 原作者の冲方氏は、直木賞ノミネート、本屋大賞のほか数々の賞を受賞し、実写映画化もされた『天地明察』の原作者でもあり、WOWOWオリジナルアニメ『シュヴァリエ』、アニメ映画『マルドゥック・スクランブル』の原作・脚本や、『攻殻機動隊 ARISE』のシリーズ構成・脚本を務めるなど幅広い分野で活躍している。



 今回、アニメ化される『『ばいばい、アースI 理由の少女』(角川文庫)は、異能の世界の構築でも腕を振るう冲方氏の最初期の作品。地には花、空に聖星(アース)、人々は猫や蛙、鼠などさまざまな動物のかたちをまとう。この世界に、ラブラック=ベルはたったひとり、異形のものとして生まれた。牙も毛皮もない"のっぺらぼう"の彼女は、自分と同じ存在を探す旅に出る。放浪者の資格を購(あがな)ため、剣士となって都市と外との戦いに臨むベル。そこで彼女を待っていたのは…。原作をもとに、自らのルーツを探す主人公ベルの戦いと冒険が壮大なスケールで描く。



 冲方氏は「本作は私にとってデビュー後第一作にあたり、最も情熱と体力がみなぎっていた頃の作品です。我ながら執拗なほどに『異世界』を構築することにこだわり、生態系すらこの世界とは異なる場所で、『普通の人間』であるはずの少女が『異形の存在』とみなされながらも、世界に依存しない『自分自身』を手に入れようとする物語に、心血を注ぎました。最初に出版されてから、実に20年もの時を経て、再び自分の原点ともいえる作品が新たに生まれ変わる瞬間に立ち会えることの幸福に感謝しております」と、アニメ化に期待を寄せている。
カテゴリ