村上宗隆、3億円の家は前途多難?「いろんな問題が」 和牛・川西の直球質問に苦笑い

村上宗隆、3億円の家は前途多難?「いろんな問題が」 和牛・川西の直球質問に苦笑い

 プロ野球・東京ヤクルトスワローズの村上宗隆(22)が、『SUITS OF THE YEAR 2022』のスポーツ部門を受賞し17日、都内で開催された授賞式に出席した。



【写真】シックなスーツ姿で受賞トロフィーを受け取る“村神様”村上宗隆



 村上は今年、令和初の三冠王、日本人選手最多本塁打56本など記録にも記憶にも残る活躍を見せた。グリーンのスーツ姿で登場すると「大変、名誉ある賞を受賞できて光栄に思います。これからスーツを着る機会が、たくさんあると思うので、カッコいいスーツを身に着けて、たくさんテレビに出たりしていきたい」と笑顔で喜びを語った。



 その後に行われたトークショーにも出演。今までの野球人生の挫折を問われると、村上は「挫折というよりは、球場に行きたくないな、とか(シーズン)143試合やっていく中で自分自身が野球と向き合う中で嫌な気持ちになることはある」と明かした。「野球でした悔しい思いは、やっぱりグラウンドでしか取り返せないと自分自身で思っている。結果が出ることが全てかなと思います」ときっぱり語っていた。



 また、56本塁打達成の記念に球団のスポンサーであるオープンハウスが「3億円の東京の家」をボーナスとして贈呈すると発表していたことについて、トークショーのゲストだった和牛・川西賢志郎が「3億円の家ってどうされるんですか? 『実は賃貸派』とかもあったりするじゃないですか。計画は進んでるんですか?」と直球質問。村上は「今、進んでるんですけど、いろんな問題が出てきて難しい…」とミートした返答ができず苦笑い。川西が「どんな問題が」と重ねると、水田信二が「大人の事情やから…」と制して会場は笑いに包まれていた。



 『SUITS OF THE YEAR』は、ビジネスや自分のフィールドで情熱を持ってチャレンジし、時代を変えていく才能や志を持つ人」を表彰。今年で5回目となる。「ビジネス部門」はAGCの平井良典氏、日本プロサッカーリーグチェアマンの野々村芳和氏、「イノベーション部門」はシナモンAIの平野未来氏、「アート&カルチャー部門」は俳優で歌手の山崎育三郎が受賞した。
カテゴリ