【オリコンドラマ満足度】川口春奈&目黒蓮『silent』が“100Pt満点”獲得、フジは山下智久主演『コード・ブルー』以来の快挙

【オリコンドラマ満足度】川口春奈&目黒蓮『silent』が“100Pt満点”獲得、フジは山下智久主演『コード・ブルー』以来の快挙

 川口春奈とSnow Man・目黒蓮の出演で大きな反響を集めている『silent』(フジテレビ系)が、オリコンの最新ドラマ満足度(11月1日~11月7日放送を対象)調査で初の100Pt満点を獲得した。



【場面写真】目黒蓮『silent』迫真の演技に感動の声続出「涙が止まらない」



 初回から88Pt、97Pt、98Pt、99Ptと軒並み高数値を記録してきた同作。項目別にみると、録画を含む「視聴量」とTwitterの「話題性」は、初回から20Pt満点を獲得している。「主演」「主演以外」のキャストについても、3話目以降で満点続き。オリジナル脚本で“様子見”とされる「内容」の項目だけが、微増と微減を繰り返していた。



 なお、満足度の調査を開始した2014年10月以降での「満点」獲得作品は、同作を含め11作。今年は本作が初となる。直近だと2021年は2作で、『天国と地獄』(TBS系1月期/綾瀬はるか主演)と、『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系7月期/戸田恵梨香&永野芽郁W主演)。2020年は3作で、『恋はつづくよどこまでも』(TBS系1月期/上白石萌音主演)、『半沢直樹』(TBS系4月期/堺雅人主演)、『MIU404』(TBS系4月期/綾野剛&星野源W主演)が満点だった。



 ちなみにフジテレビの作品が満点を獲得したのは、2017年7月期に放送された山下智久主演の『コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(9、10話目で満点)以来、2作目となる。



 昨夜放送の『silent』7話目も、夏帆演じる「奈々」の名前がTwitterでトレンド入りするなど大きな関心が続いている。この勢いが最終話まで続けば、今年の「ドラマ満足度年間ランキング」での首位獲得も大いに期待できそうだ。



●「ドラマ満足度ランキング」とは

「オリコン ドラマバリュー」をもとに集計。オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1~20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。
カテゴリ