新作歌舞伎『ファイナルファンタジーX』あらすじ公開 ティーダとユウナの旅をどう描く

新作歌舞伎『ファイナルファンタジーX』あらすじ公開 ティーダとユウナの旅をどう描く

 来年3月4日~4月12日にIHIステージアラウンド東京にて上演される『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX』のあらすじが公開された。



【動画】マジか!どんな世界観になる?公開された歌舞伎『FF』の映像



 今回の歌舞伎化は『ファイナルファンタジー』シリーズ35周年を記念して企画されたもので、企画・演出も担当する尾上菊之助はこれまでも「NINAGAWA十二夜」「マハーバーラタ戦記」「風の谷のナウシカ」など自身の企画、構想などから新しい歌舞伎の舞台を創り出してきた。今回の作品は菊之助がさらなる高みに挑戦すべく歌舞伎化を熱望したこん身の新作歌舞伎となっている。



 記念すべき初上演の出演者は、菊之助をはじめ、中村獅童、歌舞伎界期待の若手俳優・尾上松也、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で小栗旬演じる北条義時の父・北条時政を熱演中の坂東彌十郎など豪華な顔ぶれに。



 脚本は連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日)など多くの大ヒットドラマを手掛けている八津弘幸氏。共同演出は、『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』やB'zのドームツアーなど成功させた金谷かほり氏という強力タッグが実現した。製作はTBS。



■前編あらすじ

大いなる脅威『シン』に人々がおびえて暮らす、死の螺旋にとらわれた世界スピラ。そんなスピラへと迷いこんだ少年ティーダ。そこで可憐で気丈な召喚士ユウナと出会う。ユウナの目的はただ一つ。『シン』を倒すこと。そのための『究極召喚を手に入れること』であった。

ユウナの決意に胸をうたれるティーダは同じくユウナを援護する仲間たちと共に旅に出る。

水球競技ブリッツボールでの熱戦や、父の盟友アーロンとの再会により、一行は「真実」に近づくこととなる。

だがそこに立ちはだかるグアド族の族長・シーモア。「死の安息こそスピラの願い」というゆがんだ考えを抱いている男である。

その原因ともなった彼の幼き頃の悲哀に満ちた物語とは果たして…。



■後編あらすじ

グアド族の族長・シーモアの策略はティーダたちをますます追い込んでいく。

狡猾なシーモアは、ユウナを誘拐し、彼女を利用するために政略結婚を企てる。それに抗った一同は反逆者の汚名を着せられ、旅の中断を余儀なくされる。絶望し泣き崩れるユウナを見て、ティーダはなんとしても彼女を守りぬこうと決心。出会った頃から互いに惹かれあっていた二人は秘めた恋心に身を委ねるのであった。

一同は決意を新たに、再び『シン』を倒す究極召喚を手に入れるために立ち上がる。

だがそこに待ち受けていたのは衝撃の出来事……『シンの正体』『究極召喚と引き換えになってしまうユウナの命』

そして『ティーダの存在の真実』…

彼らはそれを乗り越え、自分たちの物語をつむごうとする。
カテゴリ