松本怜生、映画デビュー作に自信 オーディション回顧「これから役者をやるんだ!」

松本怜生、映画デビュー作に自信 オーディション回顧「これから役者をやるんだ!」

 俳優の松本怜生(22)が18日、都内で行われた短編映画『イマジナリーフレンド』(11月23日配信)の舞台あいさつに登壇。今作が、映画デビュー作となる松本は、オーディション時を振り返った。



【写真】ミニワンピから太ももチラリな安斉かれん



 同作は、安斉が自身の役で出演。目に見えない猫を探す旅を通じて「目に見えない自分の可能性を信じ一歩踏み出そう」というメッセージを届ける。主題歌は安斉の新曲「未来の音」。



 ABEMAの人気オリジナル恋愛番組『オオカミ』シリーズの『彼とオオカミちゃんには騙されない』に“レオ”として出演していた松本は「私事ながら、デビュー作なんです」と照れ笑い。「初めてのオーディションで、これから役者をやるんだっていう気持ちで」とオーディション時の心境を吐露し、「台本を見させていただいたときに、質問が多くて、受かりたいというより吸収したいという気持ちでした」と振り返った。



 坂部敬史監督も「松本さんからは鋭い質問が来ました」と苦笑い。「当初は、全然違うイメージだったんですが、松本さんの演技を見たときに、こっちの方がしっくりくるかもなっていうのがあって。なかなかないんですけど、今回だけはこっちかなと思って決めさせていただきました」と松本の演技に惹かれたことを明かした。



 監督の言葉には松本も「うれしいお言葉です。受かったかなっていう手ごたえはありました。オーディションのときにも褒めていただいて」と笑顔を見せ、「本来は、関わるはずのない3人が河川敷で見えない猫をさがしているという風景が、現実世界ではない絵になってるので、そこも楽しんでいただけたら」と呼びかけた。



 イベントには、安斉かれん、志水透哉も登壇した。
カテゴリ