窪田正孝、1番気になるのは「奥さん」 小籔千豊に“乗せれられ”公開のろけ

窪田正孝、1番気になるのは「奥さん」 小籔千豊に“乗せれられ”公開のろけ

 俳優の窪田正孝、小籔千豊が18日、都内で行われた映画『ある男』の公開初日舞台あいさつに参加した。



【写真】窪田正孝を“乗せた”小籔千豊



 イベントではタイトルの『ある男』にかけて、最近気になる“ある〇〇”をトークすることに。窪田は「なんだろう…。何も考えてなかった…」とぽつりとこぼし、最終的には「パス!」と言い切って笑わせた。



 しかし、ここで小籔が「『1番、気になるのは奥さんです』ぐらいにしときますか?」とアシスト。窪田が「そうですね!1番、気になるのは奥さん」とアイデアを拝借すると、すかさず小籔は「ふ~」と冷やかす。思わず妻・水川あさみとの“のろけ”を披露してしまった窪田は「言わされてるのに…」と赤面していた。



 この日は、妻夫木聡、安藤サクラ、窪田正孝、清野菜名、小籔千豊、坂元愛登、石川慶監督も参加した。



 本作は、「第70回読売文学賞」を受賞した平野啓一郎氏の同名小説を、『蜜蜂と遠雷』の石川慶監督が映画化。弁護士の城戸(妻夫木聡)は、かつての依頼者である里枝(安藤サクラ)から、亡くなった夫・大祐(窪田)の身元調査という奇妙な相談を受ける。愛したはずの夫は、名前も過去もわからないまったくの別人だったというだ。「ある男」の正体について調査を進める城戸は、さまざまな人物からの話を聞き、真相に迫っていくヒューマンミステリー。
カテゴリ